新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パンケーキが流行った時期がありましたが、かき氷との共通点は原価の安さにあると思います。それ故、参入障壁が低いのですが、過当競争にも陥り易い。そして、堀部さんが指摘されている通り、スイーツは流行の回転が早い。消費者にとっては新しいスイーツ、美味しいスイーツが出てくるのは大歓迎なのですが、いざ事業としてまわすとなると大変そうです。

先日、京都駅にある中村藤吉という店で、休憩がてら抹茶&ほうじ茶かき氷を頂きました。知人は抹茶パフェを注文していたのですが、その知人から「かき氷って氷じゃん!氷なのに何でこんなに高いの?!」と言われ。「場所代含んでる。それに日本の外食は安いから、それから考えればこれくらいの値段は妥当」と答えました。笑

ただ、スイーツの中では、くずきりが好きです。鍵善良房というお店があって…(略)。
20世紀を繁栄させた大量消費が今の時代に合わなくなっている例です。
 昨日、国立の小さなかき氷屋さん、ゆい、に行ってきました。駅から遠く、10名ほどしか入れない小さな店で、天候が悪い中で外まで並んでいました。20分ほど並んで、いただきました。季節の果物を取り入れた細かい丁寧な仕事を堪能しました。値段も決して安くはないですが、顧客の需要に丁寧にあわせたものには、人が集まる時代になったことを実感させられました。
 しかし、その需要は、多様化し、変化しやすくなっており、それに対応するには、20世紀流は通用しません。この店を全国に量産しても意味はありません。多様性や複雑性や変化する需要を正面からとらえ、単なる量産というスケール化を超えるサービスを提供するのが21世紀の新しいテーラーに代わる利益創出になります。
 これに応えることが、AIに対する唯一のそして最大の期待だと考えます。SFや妄想のようなAI議論でなく、このような議論がまじめにされるなされるべきだと考えます。
スイーツは流行り廃りが非常に早いですし、単品特化系は市場も小さいので、ご支援先で積極展開しません。ただ、既存店の商品付加なら無理なく来店頻度アップには繋がります。その点メディアの影響は大きいですね。
暑すぎて有名店まで出かける気力はないので、近所のセブン-イレブンで「白くま」を買って食べます(どうでも良いコメントですみません)。
ここ数年、表参道はスイーツの行列の街となってしまいました。
パンケーキ、ポップコーン、そしてかき氷。その仕掛けに関わっているのがTRANSITです。
シドニーで有名だったビルズのパンケーキを上陸させ、表参道にいくつものパンケーキ行列を作りました。
去年のICEMONSTERは台湾のかき氷を上陸させ、こちらも大成功。
どちらも共通しているのは、海外からブームを持ってくる事。
そして、ビルズのパンケーキもICEMONSTERのかき氷も、味わった事がないふわふわの食感がポイントです。
ブームが1店舗ではなく、街全体に波及し、全国区になっていくこと。
”高級化”も大事なファクターだと思います。
スイーツだと思って侮っていると、意外と1500円超えでちょっとしたランチ以上になってしまいます。

個人的には、かき氷は日本オリジナルの味が好きです。原宿にあるぎおん徳屋の宇治金時かき氷や、伊勢の赤福氷とか、和菓子系が好きですけどね。
ちょうど伊勢に来ていますが、赤福氷は誰に聞いてもオススメされますし、実際にどの店舗も行列ができており、実際に大変美味しかったです。

ブームに乗っかるでもなく、1961年から開始し、夏季だけ販売するというの続けています。

赤福の近くにいくつもかき氷を出す店はありましたが、行列のできているのは赤福の赤福氷だけでした。

赤福というメインで勝負し、そこで夏季だけ限定で食べれるというのも付加価値が大きいのでしょう。

なにより、かき氷は暑い夏に食べるものではないでしょうか。
小麦粉、卵、砂糖を中心とする粉もののスイーツと比較すると使用する材料に太る材料が少ないのでダイエットとも結びつけられそう。シロップの代わりに果物や野菜のコールドプレスジュースを使用した砂糖不使用のものなども今年ちらほら出ているので、来年あたりヘルシー系のものが増えているかも。
かき氷はここ数年で一気人ブームになったし、台湾のマンゴーかき氷の影響もあって高級化している印象。通年で楽しめるスイーツになっているのは驚き。
愛媛・今治市の老舗カキ氷店は県外からも客が来るほど人気でいつも行列です。

新規参入や競争相手も多いですが、これだけ暑いとカキ氷の需要はほぼ無限でブームもあまり関係なし。歴史とブランドがある所はどんどん強くなるようです。
かき氷のイノベーションが最近起こったからですね