新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LyftがGMやApple、Google、Amazonなどへの身売りを検討していたという報道、①がNYT原文、記事内にRecodeのリンクもある。①を見るとUberやDidiとも交渉とある。DidiがUber Chinaを買収し、併せてUberがDidiに出資が決まったときに②でコメントしたが、資本・提携関係が一気に複雑になった。それを整理する必要含めてあるのだろう。
すでに出資しているGMとの交渉が一番真剣だったとのことだが、成功せず。ここは、Recodeだと一旦GMが完全買収の意向を示した中で、他社とも交渉したが、結局すべて破談(90億ドルという初期の交渉金額を下げたにもかかわらず)という風になっている。またGMは正式な買収提案は示したことはなかったということで、どの程度の買収意向だったのかは気になる。なんというか、他社に聞くというのはつり上げというべきか、株主にとってちゃんとオプションを検討したという交渉というべきか…ここはMSのLinkedInの買収に関する③の事例も併せて読みたい。
タクシーアプリについて、各国での免許・労使といった規制があるので、完全にWinner takes allな世界ではないと思う。一方で、ネット企業(タクシーアプリはリアルも強いが)で規模の差が付き始めるとなかなか逆転は難しいのも事実。そうすると、よっぽど抜本的にやらないと投資する側としては損失を生む蓋然性が高いと思う。特にLyftはたしかほとんどが米国だったと思い、Uberを捲れる蓋然性はここにきて低くなっているのではないだろうか。その観点では、同業に買収されるほうがいいのだろうが、UberとDidiが近づき始めた今、アンチUberの対立軸が完全に崩壊し始めた印象。
LyftにGMが出資しているという観点で、自動車メーカーのタクシー含めた自動運転への取り組みへの影響も合わせて気になる。
http://nyti.ms/2bjELqn
https://newspicks.com/news/1701239?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1649066?ref=user_100438
世界中が熱くなっている「配車サービス」と「自動運転自動車」。

タクシー運賃さえ国が規制し自動運転の実験すらままならない日本は、完全に蚊帳の外という印象です。

日本の基幹産業は自動車じゃなかったっけ?
タクシー(及びライドシェア)市場の95%はローカル。アメリカと中国が派手なのでニュース的シェアは高いですが、世の中全てがUberになる訳ではありません。

ドイツではダイムラーに買収されたローカルNo.1のMyTaxiがタクシーを束ねて圧倒的優勢。台湾でも圧倒的台数のタクシーが優勢。韓国ではカカオタクシーがタクシーを束ねて圧倒。

結局は、地場のタクシーが頑張っていない(台数が少ない、危ない等)アメリカ・中国・インドなどでウケている訳です。

さぁ、日本のタクシーももっと頑張りますよ!
時代の申し子はIT企業ではなくウーバーのようなライドシェア企業が握るのか。ボールは自動車メーカーから放され、ウーバーが握っているような感じだ。自動運転とライドシェアで自動車ビジネスが大きく変わるかもしれない。
私は正直言って自動運転車がそんなに早く実現できると思っていません。道路標識のサイン一つ変更しただけで混乱します。ましてや道路以外の部分(駐車場等)での整理もあります。社会システムですから技術より制度が整わないといけませんが、制度は規範ですからコンセンサス形成が必要で、時間がかかります。
自動車メーカーがアメリカでとった対策は路面電車会社の買収でした。ロサンジェルスも買収した路面電車をGMは廃止し、自動車を販売しました。
アプリ配車も世界規模で買収しなければならないほど高収益のビジネスとは思えませんが、自動車メーカーは配車システム(自動運転)を牛耳ることで自らの地位を維持することを考えているのではないでしょうか。
メディアも過去の交通の歴史を研究すれば、記事の書き方も変化するのではないでしょうか
一部情報によるとトヨタも自動運転に向け優秀な人材を確保し自動運転に関する開発の速度を速めているとのこと。技術力は問題ないがその上に乗るサービス開発は日本は不得意ですね。

是非Uberのような世界展開が望めるサービスと技術が日本からも出てくるといいですね。個人的にはBtoCでなくBtoB領域の自動運転技術サービスに興味があります。
これは自動車メーカーの危機感の表れかと思われます。シェアードエコノミで自動車の台数は減ってしまう。でもこうしたITを使えば様々なイノベーションも可能です。自動車は公共交通にも入っていくでしょう。より無駄のない配車が可能となれば自動車はより有効に使われる。トヨタもUBERと提携していますが、しばらくはいろいろな人と手を組みながら可能性を模索していくしかないのかと思います
Ottoの買収は絶対正解ですね

にしてもむっちゃ早いからびっくりしたけど。
ユーザーインターフェースレイヤー(ウーバーや滴滴)の独占に向けた合従連衡と、車の所有/運転手斡旋(今のタクシー会社)の再整理と、それらの川下との連携/競争を考える自動車製造販売(現在のメーカー)の動き、そしてそれに自動運転という新技術がかなりのピッチで動いており、非常に面白い。

企業戦略の観点から言うと、独占/寡占するレイヤーが利益分配で有利である以上、サービスレイヤー(ウーバー、滴滴など)を中心に今後再編が進む可能性がやはり高い。タクシー会社などは数が多いためレイヤー間競争では不利な立場になり、メーカーはある程度寡占化が進んでいるし、資本力があるので戦略のレバーが多く現在の動き次第で5年後大きく変わるフェーズにいる。
注目なのはスマホと車内蔵を含めたOSレイヤーと、センサーなどの新部品を含めた今後の基幹部品レイヤーで、ここもサービスレイヤー同様かなり寡占化するので利益率が高そう。
同じような記事がバームクーヘンのように重なりながら出てますね。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
6.60 兆円

業績

業績