新着Pick
951Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この対話を見て、付加価値ってなんだろうと考えてしまいました。
人気 Picker
美容、ダイエット、投機、エロなどは、みんなが興味を持ちながらも、なんか胡散臭いと思ってる業種。
「本当かよ?」って思いながらも、「どこがマシなのか?」の手がかりになるのがブランドなので、この業界の広告費は莫大になってる。
ただ、SNSなどのクチコミが広がる現代では、イメージよりも実績への比重が、これからは大きくなっていくんだろうね。
これはめちゃくちゃ面白い。ライザップは一発屋ではなく、すでに何発も当てている会社がやっていたんですね。しかもクッキーで100億とか、美顔器定期購買ビジネスで累計400億とか、ケタがすごいし、現在もライザップ構成比2~3割とのこと。そしてCMの使い方も過去の経験があっての、ライザップのCM集中投下ができたということなんですね。
ライザップのビジネスモデルについては、こちらの記事が秀逸だったのでご紹介
https://newspicks.com/news/979899
自己投資産業に目をつけられ、今のライザップに繋がっているんですね。個人的にはライザップより、ライザップゴルフに興味ありです。

それにしても、借金の仕方・リスクについての掛け合いで、亀っちが「ライザップをやった人が急にみんな太りだしたら困るしね。」というコメントは秀逸です!
凄く面白い内容でした。クッキー売上100億円の時に広告費69億円。中々出来ません。ライザップも構成比は2〜3割で今はポートフォリオを重視してるとの事。初めて瀬戸さんのお話を読みましたが、魅力的な方ですね。
失敗から学び、それを活かしている企業はやはり強いですね。

自己投資は最大のリターンが得られる投資であるということが、現在の学習や健康ブームでも広まってきています。

これからも自己投資にお金をかける人は増えてくるでしょう。

自分も自己投資産業にいる身なので、ライザップから学ぶべきことは多いです。
化粧品も健康食品も原価はやすいが、それだけ類似品もそっこうで出てくるので、バランスが更に求められる世界なんでしょうね。。
けっこう面白いと思いますよ。ライザップのコアコンピタンス。
RIZAPグループ 瀬戸社長のインタビュー。

RIZAPの売上は全体の2〜3割とのこと。これだけ様々な商品や事業をあてているということは、何かしら再現性のある手法があるはず。

次回の記事はより具体的にビジネスモデルやマーケティング手法が紹介されるということで楽しみ。

-------------------------------------------

・バリューチェーンを上流から下流まで持つ。それにより、利益率を高める。

・利益率の高さで得た資金は広告費に大きく投資。一気にシェアを握る。

・好調の際にM&Aで多角化。収益源を分散することで事業停滞に備える。

・M&Aの資金は借り入れ。金利が高くても長期で借り入れする。

・「ダイエット事業」ではなく「自己投資産業」。多角化した事業をコンセプトで束ねる。
自己投資産業というカテゴリー付けが面白いです。
成功する経営者は、独自の業界カテゴリー表現をもっていることが多い!
独自のマーケットに対する考え方があるから、アイデアが次から次へと出てきたりするのかな。
美顔器の発想はすごい、なかなかこういうビジネスモデルを気付ける思考はできないと思います。世の中のGAPがあるところにビジネスチャンスあり、常にそういう思考をもって、物事に疑問をもって向き合っていかないと、良い発想は出てこないですね。
この連載について
DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく対談企画。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,446 億円

業績