新着Pick
159Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
テニスやバドミントンでも抗議は普通にあることを知った。試合中に選手自らが認められた権利として抗議するのとは少し違うかと思うが、抗議も含めて試合なのだと感じた。ビジネス社会でも日本人はアピール下手だと感じることが多かったが、オリンピック選手や関係者を見習って言うべきことは言っていきたいと思った。
人気 Picker
カナダが抗議して失格となり、それを不服とした日本が更に抗議して今度は認められたとのこと。
抗議したもの勝ちってこと??
サッカー界ではありえない話ですね。
あやふやなジャッジで選手を翻弄しないでいただきたい。
接触時、生で見ていたが、逆に進路妨害された気がした。失格の取り消しは当然だとは思うが、よかったです。荒井選手、改めておめでとうございます。
メダルか失格かでは天と地ほど差がある。
曖昧なジャッジが選手の人生を決めてしまうということを肝に命じてしっかりとした判断基準でジャッジしてもらいたい。
これは抗議も含めての競技って事で良いのではないでしょうか。
競歩の大会(オリンピック代表の選考大会)神戸でやってたのですぐ近くで見たのですが、とても「歩く」競技とは思えないほどスピード感があって、テレビでは伝わらない選手の息遣いも感じられてとても迫力ありました。是非、生で見てください!荒井選手おめでとうございます!
はっきり言うべき
闘いの戦場は、スポーツの現場だけではない事の好例だ。黙っていると失格にされる。正当な主張を理詰めですることが重要だ。そして、ルール変更にも発言権を持たないと不利な変更をされてしまう。選手の活躍のためには、審判そして役員に日本人を送り込むことが重要だ。
妨害しているとは最初から見えなかったので、失格にされたことがよくわかりませんでした。いずれにしても良かったです
審判論外でしょ、これ。一回目の抗議の時に精査してない&日本側の言い分を聞いてないてことでは。日本的には結果オーライでも、大会としてはあまりに杜撰