新着Pick
231Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
児童養護施設にいる子供たちは四万人弱。赤ちゃんは乳児院に3,000人いる。彼らが特別養子縁組の制度で養子になることができれば、ずっと施設で暮らさなくても良いのです。改正児童福祉法は家庭養護原則を謳っている。
「子どもの家庭養護原則掲げる改正児童福祉法 成立」
https://www.hrw.org/ja/news/2016/05/27/290412
不妊治療を何らかの形で受けている人50万人
人工妊娠中絶 年間20万人
この事実をどう受け止めるか。
この取組みの一番重要だと考える特徴は、ハウスアテンダントの存在。伴走者が存在することの大切さです。昨年、茨城県にある児童養護施設に伺う機会がありました。

現在、全国に約600の児童養護施設がありますが、実の両親を持つ子どもは約23%。母親のみ、父親のみはそれぞれ35%、16%という状況です。
そして施設の約7割が「大舎」と呼ばれる大所帯で集団生活しており、職員の数に比べて子どもが多く、職員は常に忙しい状態。そのため、この記事にもある通り、「自分でどうにかしなければ」と思う子どもが多いとのことでした。

その児童養護施設を退所して進学をするという子どもに、「養育」の観点から、「自分が存在することで価値がある」「愛着の対象者が存在する」という認識を持ってもらうことは、学生生活を過ごす上で大変大切なことだと考えます。その上で、ハウスアテンダントの存在は、彼らにとって欠かせないものになるのではないでしょうか。
これは素晴らし過ぎる取組み。こども食堂もそうですが、こういう小さな取組みが大きな波となり全国に広がって行く事を期待。僕も口だけでなく自分が出来る事を必ずやります。ちなみに下記は頭の中に入れておきたい現実のため、抜粋。
ーーー
厚生労働省の調べでは施設出身者の大学・専門学校などへの進学率は約2割と低い。一方、全高校卒業者の進学率は約7割と、格差がある。
素晴らしい取り組みだと思います。
あとは、自治体や官庁が“協力するふりをした実質的な邪魔”をしないことを祈ります。
住居はとても大切です。家があれば予想外の出来事があっても状況を立て直すことができます。逆に、家賃を自費で払ってたりすると、いきなりホームレスになってしまいかねない。
すごく良い取組。住居が定まらないと就職も探せないですからね。
イギリス(日本でも昔はありました)では、下宿屋みたいなのがあります。民泊解禁をスタートに、一般家庭が宿泊に対する敷居が低くなっていくのであれば、最低の家賃をうけとり部屋を貸し、社会支援に賛同してくれる人も出てきそうな気がします。
シェアハウスもいつかは巣立ちの時がくるでしょう。次に行ける受け皿も考えてあげたいですね。色々な段階を経て独立できれば理想的だと思います。
コンセプト型シェアハウスの成功ポイントは、コミュニティマネージャーの役割を担える人材がいるかどうかだと考えています。

この取り組みですと、「きめ細やかなケアができるハウスアテンダントが常駐」とのことなので、入居者とハウスアテンダントの関係性がどこまで築けるかどうか。

応援したいプロジェクトです!
絶賛。いい家や車を買うことよりも、こういうことに私費を投じることこそがステータス、という世の中にしたいですね。パッとググってアメリカ人寄付額ランキングは出ても日本人ランキングは出ない。NPが定期的に盛り上げてくれないかな。
私も以前児童養護施設の子供の進学支援の活動に少し関わったことがあります。
施設の子供と言ってもいろいろで、優秀でやる気のある子は大学進学に際し、それこそ1人でいくつも給付型の奨学金をもらい、1人で悠々自適の学生生活を送るそうです。元々施設出身の子は、国公立大学に進学するのであれば、授業料は成績にかかわらず全額免除なんです。
問題なのは、専門学校に通いたいという子、どうしても私学にしか受からないけど大学に行きたいという子。そういう子は授業料も自前、生活費も稼がなくてはならず、かなり大変です。
おまけに大きな施設で育った子は、家事が全然できないことが多いのです。(スタッフが、大きな施設ほど効率重視で全てやってしまうため、上げ膳据え膳のお坊ちゃん、お嬢さんになるのです)なのでシェアハウスで、生活の術を学ぶ機会を得るのは、とても良いことと思います。