新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
kivaの考え方は、倉庫の構築の仕方、運用の仕方、はては撤退の仕方まで大きく変えます。はたしてこの考え方は、倉庫だけのものでしょうか?おそらく、他の分野でも応用されることになるでしょう。
人気 Picker
意外と知られていない事実ですが、なぜAmazonのような企業にKivaが必要だったかというと単純に人に代わる効率の高いロボットの導入が目的だっただけでなく、Kivaを導入することで短期間による新しい倉庫構築が可能になる事が魅力的だったからです。

通常新しい倉庫を構築するには多くの棚や設備を設置しなければならなく、時間も費用もかかります。Kivaを導入することで、これらの必要がなくなるのです。(棚自体を移動させるので)

アマゾンのように急成長をし、新しい倉庫を次から次への構築するのは並大抵のことではないので、非常にKivaは魅力的だったのでしょう。
Kivaが買収された後にAmazonが自社独占。一方で、下記のバトラーや日立の同様の形式のロボットも出てきている。色々な会社で使われるほうが、汎用度が求められる。とはいえ、製品開発・進化のためのフィードバックが多い。
オープンな方式とクローズな方式での進化スピードの戦いともいえ、どちらが勝つだろうか?
https://newspicks.com/news/1692135?ref=user_100438
林部さんのコメント参照。これはロジスティクス系でこれまでにもあった現象で、例えば、コンテナとコンテナ船の導入で熟練の港湾労働者の育成期間が短縮され、インフラ整備が大きく進みました。結果的に航空機産業が複数社寡占となったことも、飛行場のインフラ整備を加速させたと聞いています。テンプレート化して普及を加速させるのは、フォーバイフォーの住宅もそうですよね。
昨日、マッキンゼーの先輩でグーグルの本社で活躍している人と話していたら、グーグルのショッピングエクスプレス拡大していて、来週にはアマゾンの牙城シアトルでもサービス開始するらしい。グーグルのピッキングロボットのディープラーニングの動画インパクト強かったから、ロジスティックロボットの分野でもアマゾンと競って欲しい。
アマゾンがピッキングチャレンジをやっているように、ロボットによる品物のピッキングは高度な技術で、まだ人間がやらないと無理という意見もありますが、googleが発表したこの研究を見ていると、かなり近い所まで実現出来そうな気がしてきます。

14台のロボットアームに分散自己学習させて人間が数年かけて覚える動作を爆速で経験して身につけさせる恐るべきムービーをGoogleが公開 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20160310-google-deep-learning-robot/
ローカス・ロボティクスのロボの方が、より人間との共生感がありますね。規模や扱う商材に応じて、ロボの種類を選べる時代です。
https://youtu.be/xKLcTQ18zYE
なかなかエグイですね。

「そのキバ・システムズの買収の陰で知られていなかったのは、同社のシステムを導入していた顧客企業の契約が更新されなかったことである。つまり、アマゾンがキバの技術を独り占めしてしまい、画期的なロボット技術を導入していた他の配送センターはロボット化をあきらめるか、別の方法を探す他なくなったということだ。」
倉庫ロボットが精緻になればなるほど、家庭内のロボットに転用可能になる気がする。
ここで一気にアマゾンは開発を加速させ、その後世界にロボットをばら撒く(販売)するのでは?!
なので開発競争で少しばかりキバよりも優位なものが出てきても、アマゾンは痛くも痒くもないのではと思ったりもする。
この会社すごいんですよ。ユーチューブの動画あったから、みてみてくださいね
ワンクリックの特許を取得して独占市場をつくっているように、倉庫ロボットも知財戦略で市場独占を狙っていそう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績