新着Pick
1048Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
所有ではなく利用をメインにした世界観ですね、私はモノが極端に少ないのでとても共感できます。B2Bでも広がるモデルなので、上手く時流に乗りたいものです。
人気 Picker
NPOの世界も、サービス化が進んでいます。プロボノ(余裕時間を用いた専門的ボランティア)や、クラウドファンディング(少額寄付)など。シェア化もNPOと親和性が高いのです。例えば震災の課題は、住宅や車や工場が被災することで生まれます。そうした設備を一時的にシェアされることで、被災時のダメージを和らげることができます。サーキュラーエコノミーをもっとNPOも理解していく必要があるのでしょうね。
「循環」を意味する「サーキュラー」から連想するビジネスは、リサイクルやリユース、リデュースでしたが、「無駄=使われていない資産」と捉えると、「モノや体験のシェアリングサービス」も範疇に入り世界が広がるとこのリポートに触れて感じました。無駄や有遊資産の有効活用がもたらすビジネスインパクトは大きいなと。AirbnbやUberの登場はまだ序章なのかもしれません。
使った分だけ、というのは、初期投資が少なくてメンテナンスなどのサービス込み、ということでモデル化としてはリースと似てますね。しかも資産計上しなくてよい。
製品のサービス化、所有からシェア、製品寿命の延長戦などのキーワードは、あたらしい市場も意味しますが、トータルでのパイ自体は縮小する方向。勝ち組と負け組が分かれそうです。
世の中にある無駄を有効活用するというのも非常に重要だけど、加えてちょっとしたマーケティングのやり方などで全く違うものに変化をして価値を出すという事例も多々あると思う。
たった4年前に購入し、ほんの一部分しか壊れていないベビーカー。メーカーは「部品が製造中止のため対応できません」もう、えー?!ですよ。この時代に!?買い換えももったいないし、まだまだ使えるのに。消費者としてわがまま化する必要を感じましたー。
『サーキュラー・エコノミー』は、『アイドル&アグリゲーション』とも言われます。日本企業では、ラクスルやスマ婚が当てはまります。KDDI総研が出しているレポートが非常に参考になりました。
http://www.kddi-ri.jp/article/RA2016004
何を所有し、何を借りるか、個人にとっても企業にとっても悩むところですね。
(´-`).。oO(コンサルに頼らず、自社内製でこのようなことに取り組めるといいですね。んで、本当に必要な時に、必要なパートナーさんと組む。)
スポンサー広告みたいだけれど、そういえば、かつてシェアエコノミーとかありましたね…。
10のテクノロジーがわかりやすい。3Dプリンター以外