新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はパラリンピックとシグマクシス。
パラアスリートメンバーが弊社に入るまで、
お恥ずかしながら、パラアスリートの存在を意識していませんでした。

領域は異なるとはいえ、トップアスリートの生きる姿勢は、プロフェッショナルを目指す我々と全く同じだと感じます。
会った瞬間、「あ、この人は高みを目指し、自分との戦いを日々繰り返してるんだな」
とビビッと感じるのです。

メンバーの努力が報われるパラリンピックになって欲しいですね。齋田選手、二條選手ファイト!

さて、時代を巨視的にみると、世界情勢は大きく揺れ動いています。正に、世界平和を謳う平和の祭典であるオリンピック・パラリンピックが、今ほど大事な時はないと言えます。この気持ちを繋いで2020年の東京オリンピックを迎えましょう!
シグマクシスに数名パラアスリートが所属していることは知っていましたが、なぜそうなってるかは存じ上げなかっただけにこういう記事は貴重ですね。

ちなみになかなか複数名のパラアスリートを抱えている企業はいません。
他には
・エイベックスの「チャレンジドアスリート」
http://www.avex-athlete.jp/
・日立ソリューションズのスキー部
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/aurora/
くらいでしょうか。

複数の企業で支える形態もいれれば
・福岡の「シーズアスリート」
http://athlete.ahc-net.co.jp/
という取り組みもあります。
オリンピックはそろそろ終了ですが、今年パラリンピックにとても注目しております。パラアスリートの方の活躍は素晴らしく、テニス、水泳、陸上、ラグビーなどの試合を見てますますファンになりました。
シグマシスという会社を今回初めて知りました。
選手とスポンサー契約するのではなく、その会社の一員として「プレーを通じて企業のブランディングに貢献する」というミッションを担い、24時間365日、それぞれの競技生活に専念する生活を送っている。」
という考え方が素晴らしいと思います。

「結局、なんのミッションを担い、どんな価値を実現しているかが大事なんです。そういう意味では、アスリートはコンサルタントの仕事はしませんが、自らのプレーの向上を通じて存在感をあげ、結果として会社および社会に貢献してくれればよい、という考え方ですね。フィールドは異なるものの、価値観は同じです」(内山)。

まだまだオリンピックに比べると待遇面でも、厳しさがあるパラリンピックですが、彼らを応援する姿勢が会社の未来性を感じさせる事。

ますます今年のパラリンピックが楽しみです!
(他社のジョブオファーへの書き込みとして適切か分かりませんが)古巣のPwCでもパラアスリートが複数在籍しています。

私が在籍していた頃は車椅子バスケが一番多かったです。これはロンドンのときのリリース。及川さんは井上雄彦『リアル』のモデルになった方です。
体験会や観戦、講演と様々な企画があったんですが、困難に挑戦して打ち勝とうとする姿勢に刺激を受けていました。
http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2012/london-games-pwc-athletes120726.html
うーむ。企業はパラアスリートとこういう関わり方もあるんですね。ぜひ一度紹介頂きたいと思います。
これは、会社に対する印象が変わりますね。
パラアスリートの方への注目も集まります。
NPの求人記事のなかでも異色かつ突出した記事と感じました。