新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「母語に支配されるのは、けっこう苦痛だと思いますよ」この感覚は今まで持ったことがなかったので新鮮でした。ダバディさんのご両親が仏語を本業とされている方だからこその考えだと思いますが、確かに他の言語を操れれば思考の逃避が出来ます。正確に言えば、言語だけではなく、その裏にある文化を通じての思考逃避や止揚が出来ます。

日英の翻訳者の友人が以前このようなことを言っていました。例えば、「もらい泣き」という言葉。英語にはその単語がないため、英語に翻訳する時にはどのように言えば良いか考える。英語では、"Empathic tears, when you cry because someone else is crying, and you get sad because someone else is sad"。ただ、試行錯誤する中で、「なぜ、日本語にはもらい泣きという言葉があるのか?」と文化的なことまで考えるようになったそうです。そのようなことが結構あると。

私自身は、これまで韓国とチュニジアにそれぞれ韓国語とアラビア語を学びに行った経験があります。
ただ、帰国後振り返って思うのは、語学習得はもちろんですが、語学を学ぶことを通じて人との交流だったり、新しい文化だったり、それを経て新しい視点を持てたことが貴重な経験だったということです。

本や新聞、ネット、テレビなどのメディアからも様々な情報は得られます。ただ、その文化を自ら体験しているとより多角的に物事を見られるように感じています。ある一つの事象でも、他の視点から見たらどのように考えられるか?

この記事の最後には、どうすれば語学が楽しく学べるかのヒントが書かれています。「自分の出来る範囲で、外国語をホビーとして遊んでみること」日本では自ら行わないと、外国語に触れる機会はありませんね。

若い人たちには、短期でも良いので海外に滞在する経験をお薦めします。今は「トビタテ!留学Japan」など、従来よりも海外に行ける機会が開かれています。

ただ、逃避や止揚をするにも、自分の考えがないと出来ませんので、日頃、自分の考えを整理する習慣をつける必要がありますね。その意味では、NewsPicksというのはとても良いツールなのかもしれません。
最終回は、元サッカー日本代表のトルシエ監督の名通訳として活躍し、7カ国語を操るスポーツ・ジャーナリスト、フローラン・ダバディ氏が登場します。

語学は「遊びのアイテム」。言葉は「文化の玄関口」。”プチ旅”をするようにホビー感覚で遊んでみる。

そして、外国語の習得は人を「自由」にする。「日本語に救われました」と語るダバディ氏。とても印象的なインタビューでした。

特集を最後までお読みいただきました読者の皆さま、取材にご協力頂きました皆さま、本当にありがとうございました!
海外の医学会に参加すると、(私も含めてですが)日本人医師達の英語力のなさに悲しくなります。外国の方に、「いい仕事してるんだけど、あの英語力では、discussionにいならないな」という感想を持たれていることを痛感します。

機械翻訳も少しは期待していますが、現実的に考えて、本気の対話には未熟すぎます。まだまだ自分でトレーニングする必要があります。

私が日本人の外科医だから言うわけではなく、日本の外科手術の技量は韓国と並んで、世界一であることはほぼ間違いないですから、しっかり発信して行かなくてはと思います。

それにしても、良い連載でした。ありがとうございました。
正直、海外の会社では、(日本人の英語は)ありえないレベルですよ。

→自戒を込めて100%同意。この特集でも「身振り手振りでもなんとかなる」「中身が大事」とのコメントが見られますが、そんなことを言う人がいるから英語が上手くならない。後で「あの日本人、何言ってたんだ?」と陰で言われていると思った方がいいです。

語学で遊ぶ、、、ですか。欧米人的な豊かな考え方ですが、日本人に合うかどうか(笑)。日本人はアメリカ人がバスケとかアメフトとかやりながらベースボールを片手間にやっているときに、丸刈りで一日中水飲まずに野球やって、やっと太刀打ちできる国民ですからね。昔、「絶対内定」というベストセラー就活本を書いた故杉村太郎氏が主催しているプレゼンスというTOEFL英語塾に通っていましたが、ここのスパルタ式指導が一番効果があった気がします。ここのモットーは「死ぬ気でやれよ、死なないから」。そういえば、NP佐々木編集長もここの出身だとか。

あと、英語圏にいれば自然に英語が上手くなるというのも嘘です。これは計4年いる自分が保証します(笑)。この連載でまたモチベーションが湧いてきたので、来週から発音矯正の先生について勉強することを決めました。会食でも私が話し始めると取引先がグッと身を乗り出すのが悔しいので(発音が悪いから)。佐藤優先生も言っていましたが、人間金銭的な投資をしないと尻に火がつかないものです。
ダバディさんの話も面白かったが、小宮山さんのコメントの「もらい泣き」のくだりも興味深い。
素晴らしい言葉。
「言語を学ぶことは、世界に心を開く第一歩だと思う。心とは『筋肉』のようなもので、ちょっとしたトレーニングで感情が働くようになる。けれど、それをやらないとどんどん鈍くなっていく。」
「人間は危機感より楽しいという気持ちがモチベーションになります。」

どれも実感していることばかり。でも、今は変なプレッシャーが大きくなりすぎていて、もっと自分自身が英語を楽しんでもいいのかな、と思いました。楽しむ英語をもっとやろう、良い気付きをいただきました!
英語を話すと解放される部分と、日本語で解放される部分は、違っている。だから、複数の言語が話せると、もっと楽しいはず。
「機械翻訳はファストフード・コンビニ食」、たしかに言い得て妙。便利ではあるが、それが全てではない。
日本人の英語のレベルはありえないレベルか?個人的には、コミュニケーションとなると同意する部分がある。それは場数が足りないからだと思っており、語彙などの要素部分より心理的な側面のほうが大きいと思う。そしてそれを乗り越えて場数を踏めば、語彙なども一層充実してくる。
何かを学ぶには、好きになるか、追い込まれるか、どちらかが必要だと思う。人生、全てが好きになって学べるほど楽なものではないと思うが、語学は汎用度が高いスキル。何か好きなものが出来て、それを調べるのを母国語以外でもGoogle翻訳などのツールを通して行って、そこからもっと生身の人間に興味を持って、実際に自分で文化理解を伴う言語を使ってコミュニケーションすることに楽しさが感じられると、一番良いのだろうなぁと思う。
「初めて外国人と話したことが楽しかったので、英語をやるようになりました。つまり、人間は危機感より楽しいという気持ちがモチベーションになります」
私も語学は相手の文化を知る上でマストだと思います。
Google翻訳と英語、これらにより、外国での仕事のハンディが一気に下がっていると感じます。私はベトナム語は全くできませんでしたが、ベトナムで会社をマネジメントする機会を頂き、最初の壁が通訳をつけるか否か。すごく悩みましたが、結局最初の半年はすべてダイレクトでコミュニケーションしました。
マネジャークラスはある程度英語は話しますがやはり母語には劣る。キープレイヤークラスはベトナム語しか話せない。その際の強い味方だったのがgoogle翻訳。ベトナム語から日本語への変換は無理ですが英語への変換ならかなり良い線いきます。ベトナム語のメールをざっとGoogle翻訳しポイントを英語で返す。相手もざっとGoogleし、論点がある程度絞れた段階でマネジャーを交えて英語で&ベトナム語で議論。これにより半年でほぼ全員とある程度しっかりした仕事上の意思疎通ができるようになりました。最初はみんなスマホ片手に「problem!」とか言いながら話に来たりしていました。(と言ってもその後の会話は無言でGoogle。)こんな仕事の仕方ができるようになるとは、とテクノロジーの恩恵に感謝しています。
全員と最低限はお互いを理解し合えたと思ったので、その後speed-upするため通訳を入れました。その段階では私のベトナム語理解も、メンバーの英語理解もずっとマシになっているので、通訳の間違いを指摘できるなど、コントロールできるようになっているのでこの方法で意思疎通確立して良かった、と思ってます。
この連載について
AIを活用した機械翻訳の開発が急ピッチで進む中、数年以内に喋った言葉が即翻訳される時代が到来するーーといわれている。そんな中、英語学習は本当に必要なのだろうか? 機械翻訳の最前線を追うとともに、機械翻訳に負けない英語学習法を提示する。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア