新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
確かに、スマホとかに比べると、メンテナンスとかの手間はどうしてもあるので、海外展開は難しそうですよね。
人気 Picker
これは面白い考察。さすがは山根博士だと思う。シャオミ凄い、シャオミ凄い、みたいな念仏が日本でも一時期聞かれ、まだシャオミ=トップと思っている人が少なくないですが、状況は変わっている。

この記事で山根博士は2015年から海外メディアがシャオミを取り上げる機会が減っているという私的は重要。日本語メディアでは、シャオミ凄い、というところからの先については、あまり取り上げられていない。ただ、レイ・ジュンがこのままダメになっていくというのもあまり想像できず、次の手で何を考えているのか興味深いところ。

ファーウエイは前からある程度は知られているとしても、そろそろOPPOは常識になって良いと思う。昨日、アポの待ち時間にシンガポールのサンテックシティモールのOPPOフラッグシップストアをちらっとのぞいたけど、最新のスマホの操作性の良さ、店の明るい作り、サポート担当者の感じの良さなど強みを感じる。

今のメインがOPPOだけど、次もOPPOにしたくなってしまう。アンドロイドをカスタマイズしたColors OSもシャオミのOSより遥かに使いやすいと思うし、UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスプレス)が良い。
結局、中国ではBBK Electronics傘下のOPPOと、独立してしまったが根本はBBK ElectronicsのVIVOが席巻しており、それがグローバルマーケットのグロスの数字に真っ直ぐ反映されてる。

しかもBBK ElectronicsにはOneplusもあり、シャオミの「イノベーティブ」みたいなブランド訴求にも十分対応可能なブランドも所有してる。シャオミよりもBBK Electronicsの方が面白そうと感じるこの頃。

もちろん、シャオミのノートPCはスマホとは全く別の戦略なのだが、記事にあるロゴ無しや、販路を見ていても、国内に留まる感じ。正直、インド戦略もうまく行ってる話を聞かない。
PCは先進諸国では量的にダボついているようですし、どれだけ需要が見込めるかわかりません。
そういう意味では、潜在的な需要がまだまだ見込める中国市場だけで十分だという本稿の意見は正しいのでしょう。

それにしても、マックとよく似てますねー。
低価格なら中国でよく売れるかも・・・。
ロゴなしはmuji っぽくて、ちょっとほしい気もします。今度中国行ったとき買おうかなぁ
このデザインは中国向けだからこそですよね。Mi Notebook Airの世界展開は無いけれど、今後発売される(かもしれない)ノートPCはどうだろうか。マイクロソフトの特許買い取りの件が気になります。Windows 10 Mobileを発売出来れば、ノートPCも併せて発売という流れは有り得る。
でも、androidスマートフォンすら、アジア以外ではまともに展開出来ない状況。当分は世界展開は無いし、米国市場への参入もLeEcoに先を越されそう。
シャオミのノートPCの世界展開は、「最初はまだしない」、のほうかニュアンスが正しいと思います。それが良いか悪いかは別にして、中国の十分大きな市場で確立してから、のパターンですよね。
小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。 ウィキペディア
Apple Inc.(アップル)は、アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。カリフォルニア州クパチーノに本社を置く。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
330 兆円

業績