新着Pick
681Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
幼稚園には鼓笛隊絡みでがっつり関わっていますし(ヤマハ音楽教室に通わせていないとメイン楽器はやらせてもらえないほど)、楽器や音楽教室をやってる関係で、学校にも入り込んでますから、営業的な接点は豊富そうですね。

全体の売上から考えると決して多くはないですし、国内の学校だけでは市場は限られているので、他の大手メーカーがなかなか手を出しにくいところでもあります。

中小企業ながら水泳帽のシェアナンバーワンのフットマーク(「介護」という言葉を発案したことでも有名)は、文科省が水泳を小学校の科目に加えてプールを普及させるという情報を得て、水泳教育のプログラム(「泳力検定」など)とセットで全国の小学校にDMで売り込み、マーケットを広げて来ました。こういうお硬いところは、一度入るとなかなか他が採用されないので、技術だけの勝負ではないですよね。
【参考】
なんにもないから知恵が出る―驚異の下町企業フットマーク社の挑戦―
磯部成文/著、三宅秀道/著
http://www.shinchosha.co.jp/book/339521/

こうした文化開発型のマーケティングは、幼少期から音楽教室に通わせてエレクトーンに触れさせるというやり方にも通じますね。
思うに、YAMAHAは基本的な技術力が極めて高いのではないでしょうか?

オートバイや船舶、楽器に至るまですべて高水準です。
基本的な技術力が優れていれば、多角的な発展が期待できるという好例です。

そういえば、フジフィルムも薬品や化粧品に参入して高水準な製品を作っています。
同じ原理ではないでしょうか?
面白い
競泳でメダルが多いのも、学校教育で水泳を取り入れてみんなが泳ぐから。世界にそんな国は多くない。ヤマハはその維持・発展に貢献しています。が、そもそもコストのかかるプールを小学校に整備していった昔の判断がすばらしかったと思います。
デジタル教育の普及を進めていると、コストがかかる、学力は向上するのか、導入の評価・検証は十分か、という指摘ばかりで前に進みません。その意見を聞いていて日本は後進国になりました。プール導入はどうだったか。コストは無論、学力とか評価検証とかみんな納得して入れたんでしょうか。違うでしょうね、国にとって、子どもの将来にとって必要だと「判断」して推進したんでしょう。
プールのある学校のある国でよかったと思います。
知らなかった!4ページ目のユニット構造図が面白い。なお、ヤマ発の連結売上高は1.6兆円、うちプールなどがはいるマリン事業は3000億円程度、ほかに船外機やウォータービーヒクル、ボートなどが入ってる。1800~2000万円で年間250~260基の販売、年商45~52億円の事業となる。あとは、保守関連とか何かあるだろうか?
ヤマハのゴルフカートのノウハウって、自動運転とかドローンとかで転用できないんですかね。
リオのプールは泳ぎやすいと荻野選手が言っていたけど、泳ぎやすさを科学して製品にフィードバック出来ないものだろうか。また、コスト次第では海外も有り得ると思う。
割高でも安全性を重視したいというニーズ合わせて、年間売上約50億円。オイルショックが開発の契機となったなど、面白いインタビューでした。
総合レジャー用品会社とみて欲しい。利益の半分は米国で海のメルセデスと言われる高級船外機が稼ぎ出す。営業利益率は20%超える!四輪バギー、オフロードレクリエーションビークル、スノーモービル、ウォータークラフトも。
感動創造企業をミッションに掲げている。ここからはパーソナル4輪モビリティに事業領域を拡大させる。
このプール事業も、ボート事業と富裕層向け船外機事業のシナジーで生まれた。厳しい事業領域の見直しの中で残った事業だ。記憶に残るのが、2001年の「世界水泳選手権大会 福岡」で、このプールで素晴らしい好記録が続出したこと。安全だけでなくスピードも出るようだ。
これは知らなかったですね。技術移転とターゲットを上手く変えてセールスに成功したというのは非常にケースとして面白いですね。

公共事業で導入が進むと定期的に発注もあると思うので、安定の事業ですね。
ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。 ウィキペディア
時価総額
1.04 兆円

業績