新着Pick
645Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさにその通り。経営者がサボってるだけ。年次主義型人事管理は非効率だし古い
山崎元さんの新卒一括採用見直しに関する見解。バッサリ感が素敵です。

「内定の時期が早まると、それ以降に学業に力が入らなくなるケースがあるので、選考をもっと遅くしてほしいという大学筋の声は、大学の授業の側に価値や魅力がないだけの問題であろう。」

そうですよね。。価値があると思えば学費を払っているわけですから当然継続して学ぶでしょうし、そもそも学業を行う目的として「就職するため」をゴールに大学側が置いてしまっているようなもの。

ですので一括採用見直しによって早期からの就職活動が生じることの懸念点として上記の大学側の意見はあまり意味がないと思いますが、その上で以下2点はおさえておきたいです。

①授業や試験期間における就職活動による欠席をどうするか
活動が平日に行われるものも多く、これが授業や試験と重なるのは学生にとって不利益につながるリスクがあります。今年の就活では5,6月に多い教育実習と就職活動が重なるケースも出ています。

②内定辞退等、契約・ガイドラインの整備
最後に山崎さんも指摘されている点ですが、総じて学生の立場は企業より弱いので、内定辞退等のガイドラインを明確にする必要があります。雇用契約書を交わしている段階でない内定であっても、それを辞退するのは学生側にとっては勇気のいること。早期内定が増える場合には、今以上に大きなポイントになると思います。
というか管理が楽、以外に新卒一括採用のメリットが無いと思うのは俺だけ・・・?「新卒で就活ミス=死」みたいな最強ドメスティックな現状を早く打開するべきだと思います!まず、i)就職決まった時点で皆遊ぶ=学業を疎かにする。 ii)景気次第で採用数・基準も変動するので、その年だけ不景気で就職できなかった年齢層がぽんと出たりする、そしてiii) 新卒と既卒(中途)の乖離が意味不明にデカすぎて不平等。山崎さんの指摘の通り、中途採用の不利は無くされるべき。確か近年、就活に取り組んだ学生の2割弱が既卒で就活じゃなくて新卒で就活したいがために留年する就活浪人となってるとか。。。雇用機会を均等にし、流動生を高めて好きな時にやりたい仕事に就け、世界から人材を流入させるためにも、世耕さんの提言には大賛成です!
正直新卒一括採用は採用側にとっても、学生側に取っても都合のいい制度だと思います。
その意味ではそう簡単に無くならないとは思いますが、長谷川先生が指摘している通り、グローバルから優秀な人材を集める、という視点に立てば著しく不合理であることも事実ですね。

そう考えると今後は新卒採用市場も、通年採用と一括採用に二極分化し、双方のニーズに応じて選択していくことになるのかもしれません。

いずれにせよ今のご時世、増え続ける多様な選択肢の中から、自分でベストの選択肢を選ぶことができないと生き残れないのは、企業も学生も一緒なのでしょうね。
もう少しわかりやすい視点で考えると、この問題の根本は人材の流動性が低いところ。その前提に立つと、新卒採用で一括の方が最も効率の良い採用手法でい続けるので、状況は変わらないと思いますね。
国内のエスタブリッシュ層が外資にどんどん買われて流動化の不可逆性が発生しない限り、状況は変わらないと思います。
何だか論理の飛躍がある気がします。
ウチの場合、年に4回、人事評価をし年齢や勤続年数にかかわらず、あくまで成果ベースで職位&給与が決まります。
取締役になっても安泰でないし、反面、新卒が一気に何人もの中途入社のキャリア人材を追い抜くこともあるし、その意味では人事評価はガッツリやってる方だと思います。
もちろん中途入社も積極的ですし、通年採用やってます。
でも新卒はやっぱ4月の一括入社が学生にとっても会社にとってもベストだと思います。
学生にとってはやっぱ卒業したらすぐに働きたい子が多い (これは海外MBAでも同じで、入社一年前から沢山のアメリカ人は就職活動に勤しみます) し、同期間での連携も固くなる。
僕は敢えて改善すべきポイントを申し上げるならば、経団連は余計な口出しをしないでくれ、ですね。
一括採用自体は悪くないものの、同じタイミングでの面接開始は学生にとっても会社にとっても非効率。
青田買い自体は私は学業にとってはメリットだと思いますし、私自身、三年生で内定をもらってから、四年生の時は沢山勉強しましたし、もう経団連は余計な口出しは辞めて欲しいです。。
15年前、大学在学中は就職活動をせず、卒業してから就活しました。新卒一括採用という制度に、反発したからです。新卒じゃなくても応募できる新聞社に行くつもりだったので、迷いはありませんでした。

日本以外だと、卒業してから仕事を探すというのは別に珍しくもない。せっかくの大学生活の1年間を授業に出ずに就活に使わせるのはおかしいと今でも思ってます。

なので、BuzzFeedは通年採用。いつでも募集しているので、興味ある方はjapan-jobs@buzzfeed.comへ。
山崎さんの下記の指摘、ぼくも賛成です。つまり一括採用見直し論なんですよね。

・内定の時期が早まると、それ以降に学業に力が入らなくなるケースがあるので、選考をもっと遅くしてほしいという大学筋の声は、大学の授業の側に価値や魅力がないだけの問題

・中途採用市場を整備すると共に、年金や人事評価などの面で、中途採用者が不利にならないようにすることが重要

・就職活動時期の学齢を待たずに有望な学生を採用する、いわゆる「青田買い」も正当化されていい

・「新卒一括採用」が企業の後進性を象徴するようになれば、日本企業の人事システム改革は成功
その通りで賛成ですが日本の新卒一括採用については他にも論点があります。

大学院進学率の低さと、開廃業率の低さ。
単純に、就職以外に大学卒業時の選択肢が無視していいほど少ないという点は大きいでしょう。

経営者の低学歴。
言葉はキツイですが、日本の低学歴は問題で、特に企業経営者のほとんどが四大卒です。グローバル企業では経営者は無論、管理職の過半数は修士以上です。これが、日本の大卒則就職という流れにつながります。

大企業経営者のほとんどが生え抜き。
生え抜き主義がある限り、中途採用の出世が見込まれないので、これも新卒重視主義につながります。

経営者・管理職のプロフェッショナル化の未成熟。
プロ経営者、プロ管理職が不在ゆえ、人材流動化が進まず、企業に固定化され、それが新卒主義につながるという悪循環があります。

以上を見るだに、新卒一括採用の廃止(だけ)では何も解決しないと考えます。
記事にもある通り、会社側も無理をして、学生側も無理をして、その結果3割が辞める。どう考えても歪さがありますよね。採用の多様性が当たり前になるのを望みます。