新着Pick
1203Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
お気持ちとして伝えられたことを、どう受け止めて動くのか、注目していきたいです。ただ、生前退位を定めたとすると、またそこに色々な思惑が動き始めそうで、国を運営することの難しさを感じるわけです。
人気 Picker
僕は1945年8月15日の玉音放送を聞いている。今日の天皇のお言葉は、それに匹敵するする重みがあった。玉音放送では昭和天皇は国民に必死になって戦争を終える、とうったえた。今回の天皇のお言葉は、それに劣らない必死の思いがこもっていた。象徴として懸命に完璧であろうと努めてきた。しかし、高齢と体調の変化で満足に努められなくなるおそれがある。そこで悩まれている、と言う事だ。
天皇は象徴として、沖縄、サイパン、ペルリー島など大勢の犠牲者が出た激戦地をまわった。
再びあのような戦争をしてはいけない、と言う強い思いと、その為には憲法を守るべきだと言う決意、天皇のお言葉にはその事がよく表れていた。
姿勢を正してお気持ちをうかがった。社会の停滞について語られた部分が、強く印象に残った。陛下は、そのことを強く懸念しておられたのか。

(追記)
『私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。
(中略)
皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした』

このお言葉には涙が出そうになった。余計な解説は必要ないだろう。私は、陛下のお気持ちを政治が実現すべきだと思う。国会の責任は重い。
崩御、即、改元ではないとしたら、象徴天皇制であっても明治時代以来の転換となりますので、これまでのあり方が大きく変わることになります。政府にも国民にもそれなりの自覚が求められますが、果たしてどこまで考察が深まるだろうか。

追記 拙著「東条英機処刑の日」(文春文庫版)の宣伝と思われるのがいやだったので書きませんでしたが、皇太子時代の、15歳の誕生日に戦犯が処刑されたのはGHQが仕組んだ導火線でした。天皇誕生日ごとに休日となりあの戦争を思い出す仕掛けです。しかし昭和天皇が長寿ですっかり忘れられてしまいましたが、今上天皇陛下はひとときも忘れずアジアや沖縄など戦争の被災地を訪問し続けたのです。
自身の体調悪化で公務が滞り、国民に心配をかけ、ひいては社会が停滞することを強く憂慮されていたのが印象的でした。
これほど国と国民を想う君主を持つ国などそうはないと、日本に生まれたことを改めて幸せに感じました。

さて、大御心が示された以上、何らかの方法でこれを実現することになりますが、皇室典範の改定は政治的にはそう簡単ではなく(憲法との関わりや、かつて退位が権力者の政治的思惑で行われた歴史的事実があるため)、恐らく今回に限り特別立法で譲位を認めるということになるのではないでしょうか。

いずれにせよ実現すれば太政天皇(上皇)の誕生は丁度200年前の光格天皇以来となります。
(余談ですが光格天皇は現在の皇統の直接の祖にあたり、天明の大飢饉で禁中公家諸発度の禁を破って直接幕府に民衆救済を訴えたので有名です。今回のお言葉と併せて考えると何やら歴史の因果を感じますね)

陛下のお気持ちと、皇統の安寧を第一に考え、与野党ともに陛下の退位を政治的な駆け引きに使うことなく、協力して関係諸法の制定をお願いしたいと思います。
陛下は元気でいらっしゃるだけで、いえ、僭越ながら生きていらっしゃるだけで日本の象徴であり日本国民統合の象徴であられると存じます。
1日でも長く平穏でお健やかでおられることが第一でしょう。
公務に煩わされることのない両陛下の笑顔の存在が大きいと思います。

本当に本当にお疲れ様でした。
いつまでも健やかな日々を過ごされることを心からお祈りいたしております。

振り返れば、昭和63年はソウルオリンピックの年で私が司法試験に合格した年です。
昭和天皇の御容態がオリンピック中継の最中に流れたことを思い出します。

28年に及ぶご尽力は、われわれの想像を絶する気力と体力との戦いだったのでありましょう。
どうぞ、1日も早く安らかな日々をいつまでもお過ごしくださいますよう。

(追記)
個人的には憲法の天皇の条項を大幅に変更して、憲法上の基本的人権享有主体と認め、英国王室のように離婚も不倫もありにした方がいいと思います。
今生天皇陛下だからこそ今の負担に耐えてこられたと思います。
こんなしんどくて大変な負担を次世代にまで継承するのは、酷ではないでしょうか?
<もと>
今日の平成28年8月8日(月)15時の玉音放送(TVでビデオ再生)、昭和20年8月15日(水)の正午の玉音放送(ラジオ 再生)と、1週間違うが、あの日も晴れた日であり、あの日を思いだす人も多いだろう。

明治維新から終戦まで約75年、終戦から今日まで約75年、大きな転換点だ。
次の75年、日本はどうなっていくのだろうか

<追伸>
江戸から明治維新
・帝国憲法
・四民平等
・偉大な天皇
終戦(15日玉音放送)
・平和憲法
・男女平等
・象徴天皇
・etc
今回(8日 玉音放送)
・??憲法
・??平等<私の願い、多様性、ハンディのある方も、いろいろな方も、老いも若きも、本当の平等>
・??天皇
天皇陛下が自ら発言できるのは、ここまでなんでしょう。後は政治の責任でお気持ちを汲み取って差し上げることを切に願います。
NHK で同時公開に。今までの思い、ご自身のお言葉。
胸に沁みます。
この国に天皇陛下がいてよかったと、そう思えました。
非常に無礼な意見なのかもしれませんが、天皇陛下は私達が敬いすぎていることに問題提起をされているようにも感じました。

私達が陛下の意見を鵜呑みにすることなく、天皇はあくまで国民の象徴なのだ、という立場を明確にされつつも、既存の天皇制度の問題点を挙げられた。

天皇制度、憲法を考えるのはあくまで国民なのだ、という立場を貫かれているのが私達に対する天皇の捉え方について問いを投げ掛けられているように感じました。

陛下が訴えられたからお気持ちを汲んでやりたい、という風になって欲しくないからこそのこの言い回しなのではないかと。
「自粛」による社会の停滞や、殯などの行事の大変さ、摂政を置いた場合の考え方など、昭和が終わったときの自らの体験なども通してここまで考えられていたのだな、と思いました。

<追記>うゎ、ビデオがWindows Media Playerのダウンロードだぁ・・ストリーミングじゃないぃぃ・・・orz