新着Pick
635Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はこの連載のなかでも特に必読です。
前澤社長はもちろんのこと、こういう新しい価値観に共鳴して実践しているスタートトゥデイの社員の皆さんも本当に魅力的な人が多いです。
アナリストはあまり会社に惚れ込んではいけないらしいのですが、僕はこの会社が大好きです。
目隠しして会議するのもいいかも。今度やってみよう。楽しそう。
「残業自慢」「睡眠不足自慢」はどの業界でも良く聞かれます。しかも無意識に出てくる。それは仕事が好きで、一生懸命な人に多い。

なので、「長時間仕事するのは効率が悪くてカッコ悪い」という観念を作ってしまうのは相当効果的です。普通は考えついても簡単にできる話ではありませんが。

「カッコいい」を作る大事さは男性の育休取得などにも言える話です。
いやーこんなこといってみたいな。。かっこ良すぎる。

「そんな常識にとらわれているから儲からないんだ。うちは儲かっているからできるのではなく、こういうチャレンジができる会社だから儲かるんだ」
【第16話】前澤友作さんはなぜ6時間労働制を導入したのか。前澤さんは週3日勤務、パソコンを使いません。それで増収増益がずっと続いています。
社内のパソコンなくす案面白いなあ
こういう話を聞いて凄いなあと思いつつ、又明日から普通に重労働をするorさせる人と、明日からウチでもやってみようと思う人と、世の中両方いるのでしょうね。

そして多分私も含めて世の中圧倒的に前者。

素晴らしいと思ったことをなぜ真似をしないのか?
できない理由ではなく、なぜやらない理由をならべてしまうのか。
素晴らしい会社の経営の仕方は参考になるのと同時に、悩ましく思うところがたくさんありますね。
連載始まったときに「短時間労働で市場価値がある人が育つのか?」と、記事にある前澤さんの想定内のコメントをしてしまいましたが、「その人しかできない仕事を」を強調されているのでその辺りは十分考えての上のようです
余り中の人やOBOGを存じ上げないので中々実態は分かりませんが、今度きいて見たいと思います
アメリカに来て、集中力は増したと思う、みんなが帰る、そして持ち帰って仕事したりするけど、とにかく早くオフィスから帰るという習慣は日本の比較にならないほど。その文化の中でいかにパフォーマンスを出さなきゃいけないか、否が応でも考えさせられます。

前澤さんがやられている施策は集中力を高めて、無駄をそぎ落とす、そのための外圧的な仕掛けが沢山あって面白いですね。こういう発想はどんどん真似したいですね。

社内政治があるのも、ある種暇だからかもしれない、労働時間を短くすればするほど、無駄をそぎ落とし、やらなきゃいけない「本来の仕事」に集中せざるを得ない、そういう意味でも風通しのある組織に近づくのかもしれないです、この連載は凄くヒントになりますね。
「早くて正確でユニークであること」←シンプルで分かりやすいメッセージですし、それを実現する必要条件まで明文化されてたのですね。非常に参考になります。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。