新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的には「これから」というより「これまでも」だと思う。歴史を振り返ると、半導体・液晶・電池、いずれも元は日本がトッププレイヤーで、それゆえ材料・装置メーカーが育った側面がある。育って、そして海外メーカーにも拡販していって、国内メーカーが弱体化しても世界で勝ち残っている。
その観点で、車載電池はともかく、今後の電子部品の新規領域で日本企業で強いメーカーがいないと、その開発サイクルに入りにくくなり、競争力が低下していかないかは危惧するところ。もちろん、材料メーカーはすでに海外天下いを十分進めているので、もはや国内メーカーに依存していない部分もあるが、本社の意思決定機能や研究開発は日本が中心であることは少なくないと思い、ボディーブローのように効いてくる可能性もあると思う。
スマイルカーブが急峻化して、底辺が材料側にも迫って来ている中で、特性以外に供給量、品質、価格等の価値をどう打ち出していくかがカギでしょうね。スマホにおける日系電子部品メーカーより、半導体に近い厳しい立ち位置に成ると思います。

だから素材からアッセンブル迄、どことどう組むかが大事。今は日系メーカー同士どう組むかで争っているのですが、もっと広い世界を前提に組み方を考える必要があると思います。
住友化学株式会社(すみともかがく、Sumitomo Chemical Company, Limited)は、住友グループの大手総合化学メーカーである。国内化学メーカーとしては、三菱ケミカルホールディングスに次いで第2位。 ウィキペディア
時価総額
8,343 億円

業績