新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
百貨店は多くの中国人にとって、思い出の多い場所です。子供の頃、毎回親に連れられた百貨店に入った時の喜びは今までも記憶しております。でも近年、百貨店の存在感が薄くなってきて、閉店のニュースもよく耳に入っています。周りの友達も百貨店に行かず、SCやタオバオなどを利用しています。
 新業態の台頭、EC市場の拡大、さらに消費者ニーズの多様化によって、百貨店市場は最も厳しい時期を迎えています。大手は規模の拡大、事業の多角化、またネット市場の取り込みで成功できるのか、今後の動きを注目していきたいです。
中国の百貨店は「場所貸し」中心とのこと。日本の百貨店もそういう部分が多いが、そういえばIFRS導入時に消化仕入を在庫リスクを負担していないという観点で売上から控除すると、売上がかなり減るといった議論があった(下記ご参照)。
先日ロンドンに行った時に、ハロッズにも行ってみた。日本のデパートとは雰囲気が違って、おもちゃ売り場ではかなり実演販売が多かった。自分で仕入れて売るなら売り込む力が一層必要なのかなと思った。ECや専門小売の拡大によって百貨店のビジネスモデルは、商品やブランドを知る場となってきている印象。その場合は、出店する側からすると百貨店への出店自体はコストがかかっても、それでブランド認知ができてトータルでコスト回収できれば良いという意思決定も増える。百貨店自体は、新宿伊勢丹や銀座三越、日本橋高島屋のように店だけで顧客吸引できるだけのブランド力がある店をのぞいては、業態としてもっと不動産業に近づいていくと思ったし、それは中国でもそうではないのだろうか。
http://www.shinnihon.or.jp/services/ifrs/issue/ifrs-industries/retail.html
日本でも米国でも不調な百貨店ですが、意外に中国も同じ状況でした。ECや専門店に客を奪われている点も、買収合併やPBなどの戦略も類似しています。

O2Oについていえば、日本含め取り組んでいる事例は多いですが、単にネット販売を始めただけになりがちで、やはりネットから実店舗への送客に至っているものはなかなかないという認識です。
中国政府目標では2020年に小売業の2割がECになるとのこと。百貨店の再建策が奏功するかどうかはここ数年が鍵のように思います。
日本の百貨店も中国に出店しています。
伊勢丹4店、三越1店のほか、近年では2013年に高島屋が中国・上海に最大級の百貨店を、2015年にはJ.フロントリテイリングが中国・上海に、「上海新世界大丸百貨」を開業しました。
ただし、中国の百貨店市場が頭打ちのなか、日系百貨店は東南アジアに出店攻勢をかけていて、東急百貨店が2015年にタイに、高島屋が2016年にベトナムに出店しています。高島屋は2017年にタイにも出店予定です。

なお、百貨店の売上高世界ランキングをみると、チリやタイ、メキシコ、南アフリカといった新興国企業がトップ20にランクインしているなか、中国企業は入っていません(Deloitte『Global Powers of Retailing 2016』による)。このことから、韓国のLotte Shoppingなどのように、中国は突出して売上高の大きい百貨店がいないことがわかります。
私自身はもともと買い物目的で百貨店を利用する機会が非常に少なかったのですが、原画展などのイベントが開催されれば足を運んでいました。モノを目的とした利用が減っていく中で、人々を百貨店という場所に呼び込むためには、これまで歴史的に築き上げられてきた慣習やブランディングといったところから1歩踏み出す必要があると思うのですが、ネットの急成長もあり、想像以上のペースで変化を迫られているという実態が窺えます。商品の販売、管理にとどまらない高いマーケティング能力が要求されることになりそうです。
世代ごとに見ると、今子供を産む年齢に当たる30歳前後ではこの動向がより顕著。外食含め、ネットで買っている率がおそらく大都市では5割を越える(外食は40分ぐらいで届けてくれる)。
最近の百貨店はレストランと映画館しかないところも増えている。

もともと日本に比べて発達が遅かっただけに、ネットに代替されるのも早い。
新業態と書かれているショッピングモールも、そんなにうまくいっているわけではありませんし、相変わらず場所貸しに近いですね。マーチャンダイジングができる人材が不足しています。

これからはハコモノはレジャーと切り離せないでしょうね。中国はやっぱり娯楽が不足しているように思います。だから大手の万達集団は映画館や映画制作会社を買収したり、自分でテーマパークを運営してみたり、アディダスと提携してスポーツ関連のレジャーを企画してみたりしてるんでしょう。
中国人は百貨店大好きです。
世界中の百貨店で「爆買い」している中国人の姿を見ればわかる。

問題なのは
1.価格、2.サービス、3.偽物
この3つの山を克服し、消費者ニーズを掴めば、中国百貨店の未来はきっと明るい。
日本の百貨店はショッピングモールやレジャー施設に押されて業績低迷した感がありますが、中国はそれに加えて、人件費増、ECの普及があるのですね。戦うものが多すぎて、経営大変そう。。
この連載について
企業・業界分析プラットフォームのSPEEDAを活用し、アナリストが企業や業界、分析手法について解説・分析をします。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア