新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外交と資源と言えば、石油や天然ガス、金といったものを思い浮かべがちですが、水も重要であることがシンガポールとマレーシアの関係から分かります。日本のように水系が豊かでかつ浄水・下水技術の水準が高いとなかなか気が付きません。

1960年代は圧倒的にマレーシアが有利な条件を持っていましたが、40年の時を経て、シンガポールはテクノロジーを活用して水を自給する方向に舵を切りました。水の供給をどうにかしよう、という考えは、1970年代からありましたが、それが形になるには2000年代になってからです。

シンガポールにはニューウォーター・ビジターセンターがあります。ネットからすぐに訪問予約ができ、外国人や観光客でも簡単にいけます(無料、1時間程度)。私は昨日の朝いちで訪問し、この記事に使用した写真もセンターで撮影したものです。

バナー写真に使用したニューウォーターのペットボトルはビジターセンターに行くとお土産で貰えます。街中では手に入らない非売品で、100%ニューウォーターはここでしか飲めません。

ニューウォーターのプラントを開所したときに、当時のゴーチョクトン首相が一気飲みパフォーマンスをして「美味しい!」とやっていました。

私もお土産でもらったものを飲んでみましたが、ごく普通の味で問題なく飲めました。元々が下水なので、イメージ的に躊躇しましたが・・・聞くところによると、過去に比べて味はずいぶん改善されたとのこと。

ビジターセンターへの交通はタクシーが便利です。センターからタクシーも呼べますので、帰りの足も心配ありません。シンガポールにお越しの際には、普通の観光地以外の場所として、社会勉強にもなりますので、オススメです。日本企業の技術も使われており、旭化成製の部品も展示されていました。

New Water Visitor Centreの予約は下記から
https://goo.gl/WHwWCQ
シンガポールの「ニューウォーター」は有名ですが、マレーシアとの協定については知りませんでした。そんな背景があったとは。
マレーシアではジョホール川汚染により水資源は豊富なのにシンガポールから浄水を輸入せざるをえない状況にあるとのこと。こうしたニュースが続けば水ブーム再来の可能性もありますね。

そういえば数年間に日本で「水ビジネス」ブームが起きたとき、シンガポールのHyfluxの名前がよく出ていました。政府の「ニューウォーター」計画で大きく事業を伸ばし、現在は中国などでも事業展開。海水淡水化のプラントでは東レの逆浸透膜を使ったものがあったと思います。
シンガポールのアキレス腱と言われている水問題ですが、マレーシアとは微妙なバランス感でなりたっているんですね。2061年までにはシンガポールもテクノロジーで水問題を解決するために必死で取り組むでしょうね。そうした動きは下記を合わせて読むと理解が進みます。

シンガポールの水問題への取組み
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83219290W5A210C1000000/
だから技術開発に力を注ぐ
シンガポールが水ビジネス大国になっているプロセスは見習うことが多そうです。国家戦略として位置づける→世界的に優位性のある技術を確立→外交をテコにマーケットを広げていく。

▼日本の場合
インフラ技術と外交を考えたときに、「水」という視点はありませんでした。それだけ日本の水道環境は、疑うレベルにないくらい高いということ。

水インフラ技術は日本も得意としている分野なはず。
自分たちの当たり前を疑って、世界に好影響を与えられる産業を育てていけるといいですね!
水はシンガポールの生命線、それについてよく分かる記事。ダムで貯めるより濾過する方がコストは遥かにかかる。それでもニューウォーターによる比率を上げようとしているのは、国家として独立維持するために、依存度が大きい資源の安全性を担保していくためのコストという側面があるだろう。
この記事に出てくるシンガポールとジョホール(JB)州を行き来して生活している身としては興味深かった。シンガポールとJBを結ぶコーズウェイを車で渡っていると脇に水を運ぶ薄緑色のパイプが見える。それを見るたびにこの記事のことを思い出しそう。
世界的に水需要はどんどん増えており、シンガポールはそのマーケットを取りに行こうとしていると思う。Water Hubを作って研究開発を推進したり、水ビジネス企業を誘致して、先進的なテクノロジーが集積してきている。海水淡水化もやってるし、Tuasにごみ処理場、下水処理場、New Water Plantを一体にしたプロジェクトも進めている。
水という日本では話題に上らないが経済社会の根幹を巡っての国家戦略。「持たざる」状況を技術で引っくり返して守る。日本に示唆するものが多いです。そして日本は水技術を世界に活かせる立場。攻めの戦略を描いてはいかが。
水環境というと、日本などでは排水処理の方に目が向けられがちですが、上下水道全体で考えることが重要だと改めて気づかされました。
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。