新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
名目の上昇率を実質がうわ回っているって事は名目賃金が上昇する中で物価が下落しているってことか…

ウハウハだね。
人気 Picker
6月の賃金統計は一部でボーナス支給月となっている企業もあるため、「特別に支払われた給与」が変動しやすい。今年6月の「特別に支払われた給与」の対前年比は+3.3%となっているが、前年6月が同▲6.7%と大幅減となっていることに留意が必要だろう。ボーナスに関しては、今回と、7月分の結果を見なければ正確な評価はできないが、人手不足になっているはずのサービス業の特別給が2年連続で対前年比マイナスとなっているのは気になる。

なお、ボーナス等を除いた「きまって支給する給与」の対前年比は+0.1%だった。名目賃金は上がっているような、いないようなといったところである。6月の実質賃金上昇というのは、主に物価の下落によるものとの評価が妥当なところだろう。
現金給与総額が一人平均430,797円(前年同月比+1.3%)。うち「きまって支給する給与」が260,777円(+0.1%)、「特別に支払われた給与」が170,020円(+3.3%)。名目賃金の増加はボーナス増の寄与が大きいですね。それにしても実質賃金が前年同月比+1.8%とのことで、物価の下落が示されている点が気にかかります。見た目の数字から堅調と楽観視するわけにはいかない結果だと思います。
白鳥さんご指摘の通り、6月はボーナス増の要因が大きいですね。なお、所定内給与が3か月ぶりに増加した最大の要因は、パートタイム労働者比率が昨年末にピークアウトしたことと計算されます。
統計にイチャモンつけてもしょうがないが、ボーナスの部分は12ヶ月移動平均に出来ないものか。
6月はボーナス月ですね。
善き哉。