新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近、ネット社会になり、隠されていた情報(我々が学校で教わっていない事実)が色々明らかになっています。鎌倉幕府の破綻のきっかけは武士の土地の相続問題であるのは有名な話だし、最近知ったのは士農工商。この制度はイギリスが名付けたようで、実際は武士とそれ以外、の括りしかなかったそうです。(但し、穢多非人は政策的な理由で本当にあったようです。)

江戸時代を暗黒時代のように見せようとする意図が働いているかのような記述が教科書に多かったのはそのためか、と最近合点がいきました。
次世代に相続しやすいのは財力と人脈で、それを生かしきる才能は継承しにくい。中国などはガラガラポンしたところだけど、日本は今から下克上が増えそうだね。
今のうちに若い連中に酒おごって、恩売っとこ〜っと!
歴史を俯瞰してみるとある種の法則性があることに気がつきます。
このスライドのガラガラポン史観もその一つ。

では何をガラガラポンし、その結果何が変わるのかというと、ガラガラポンとは私有財産の再分配であり、変わったものとはその相続方法だとも考えられます。

例えば私有財産が認められた平安時代以降で見ると、

武士の出現(荘園の再分配) → 鎌倉時代(均等相続制) →武士の貧困化(地頭領の再分配) → 室町時代(惣領相続制度) → 惣領争いで治安崩壊 → 戦国時代(守護大名領の再分配) → 徳川時代(家督相続制) → 幕藩体制崩壊(武士領の再分配) → 戦前(長子相続制) → 敗戦で大日本帝國解体(財閥、地主財産の再分配) → 現在(均等相続制)

ということで、ぐるっと回って鎌倉時代あたりの相続制度に戻ったのが現在。
均等相続の弱点は代を重ねるごとに、財産が分散されて、個人が貧しくなること。

となると、次に来るのは室町時代。
因みに室町時代の惣領制とは年齢に関わらず実力のある人が、財産をつぐという制度。

そうなると今後は室町時代にように国家権力が衰え、実力者がのし上がって財産を独占する時代になるかもですね。(再配分の対象がなにになるかが問題ですが)

なんてことを年表を見ながら考えたりしました。
これはこれで、一つの見方だが、網野さんや、そもそもネットになっていない昔の本や情報が織り込まれていない。われわれのころは、大人らが話していたなかで、知りえた表にでない常識を知っていた。
それを知るかどうかで、だいぶ違う。

ネットの情報は、まだごく一部。もっと古本を読んだ方がいい。
技術革新くらいかなあ。ガラガラポンできそうな要素があるとするならば
後半は、以前紹介したことのある「ガラガラポン革命」のフレームワークを活用。明日のインタビューでは、「ガラガラポン革命」という概念の提唱者である、竹内洋・関西大学名誉教授のインタビューを掲載します。

https://newspicks.com/news/1324422/
社会が大きく変動するときに、「世襲的格差」から実力主義が台頭しています。
これは他国でも同じでしょう。

ただし、実力主義が台頭したからといって格差が是正された訳ではありません。
明治維新によって武士階級が没落しましたが藩閥の役人達が特権を得ました。
新たな格差が発生しているだけなのです。
昨今のガラガラポンの周期が70年ということと、ガラガラポンをもたらしうるものの1つがゴジラというのは新しい発見です。
冗談はさておき、トランプが大統領になったら、グローバルで、保護貿易が進み、格差解消の一助となりそうです。ゴジラはトランプかもしれませんね。
天皇家を維持しながら権力体制を変化させるのは、ブラックボックスの極み。日本は、何千年もこの仕組みで国を統治し続けた。日本の得意技は、体制的な大変化がない中で、効果的な変化を遂げること。自律的変革者が内部で活動する事が重要だ。自民党をぶっ壊すとして、自民党総裁になった小泉流が、最も効果的な変革者だろう。企業にもあてはまる。
社会の大変革は後の時代から見るとはっきりとよくわかりますね。でもその時代を生きていると全くわからない。時代が進んでいるのか後退しているのかさえもよくわからない。
そろそろ変革の時期だ、とは言われますけど、終わりの始まりなのか、大混乱時代の幕開けなのか、後の時代になってみないとわからないので、全力で前に進めるしかないなあ、と思います。
現代における大変革とはどのような形になるんだろう。