新着Pick
456Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホの中身はPCと同じです。操作方法が違うだけ。事実私はほとんどの作業をスマホでこなしてます。やろうと思えばフォトレタッチから動画制作、プレゼン資料作りまで何でもできまっせ。
スマホの普及によって、プライベートではPCを使う必然性は薄れてきていると思います。実際、私も家でPCを使う時間は減っています。

一方で仕事においては、PCを使わないという選択肢はほぼありません。そのため本学ではノートPCを全員に供与しています。自然と授業を含めて使う機会は増えるので、試験前などは自習室でも学食でもPCを開きながら作業する学生が増えてきました。

就職を考えれば、こうしてノートPCを供与したり貸与したりする大学が一般化すると思っていましたが、意外に広がっていません。気を付けないとブラインドタッチの出来ない学生が増えそうですね。
新卒でPCが使えないというのはそれほど大きなハンディにはなりませんよ。
企業側は、最初から教育するということを念頭に採用していますからね。

しかし問題はその後です。

現代の企業では実は全くPCを使わないというか、寧ろセキュリティやコンプライアンスの問題で、使ってはならないという職場も非常に多いのです。

従ってそうした職場で、PCを使った仕事の経験のないまま、いざ転職となると、後で大きな苦労をすることになります。

PCスキルがないというのは単にワードやエクセルの操作が分からないということではなくて、ビジネス文書を作った経験がなく、その常識もスキルもないということです。

パワポを使えないというのは、まともにプレゼンをしたことがなく、その発想もテクニックも持ち合わせていないということです。

問題はPCアプリの操作スキルではなく、それを使って何ができるかと言うことなのです。
修士論文はかなりのパートをガラケーで書きました。
キーボードって座って机がないと使いにくいから不便ですよね。マウスは平らな所がいるからもっと不便。
PCを使う人は専門職に任せて、スクラッチ書いて絵を描いてもらったり、口述で書類作ってもらったり、コード書いてもらったり、という事が増えて来ました。それでいいんじゃないでしょうか。
昔、Windowsが出る前のMS-DOSのLotus123で毎日毎日何時間もかけてキャッシュフローモデルを作った。懐かしい。今でもPCなしでは仕事ができない。
M&Aや投資の仕事には、Excelは必須。インテグラルの入社面接の際には、Excelのテストをします。M&Aに興味のある方は是非Excelの腕を磨くことをお勧めします。
あと、日本の子供にタイピングを必須で教えないと、タイピングのスピードも、国際的に競争力がないと思う。スマホで10キーを使って作文しているのが、未だに信じられない。
PCを使ったことがない新社会人が増えているのは、意外すぎる…。

たしかに信じられないぐらい長い文章も、PCじゃなくてスマホの方が書きやすいという人はいるけど、授業のノートもPCでとってる子が多いし、どちらかというとみんな慣れ親しんでいる印象。
スマホの入力は慣れると速く行えて、不便ではないですがとはいえPCの入力と操作性には劣ると思います。仕事がすべてスマホだけで行えるというのはあまり現実的ではないですし、大学でも論文作成など使う機会は必ずありそうです。
また、若い頃はすぐ順応するので、必要に迫られればすぐ覚えられるというのも言えると思います。
私は大学に合格してから、入学するまでの間ブラインドタッチや基本操作を覚えました。入学前のパソコン講座も参加しました。大学の雰囲気を感じられてとても良かったです。
確かにプライベートじゃ最近全然PC使わないし、スマフォで十分。
そのうちPCで仕事するなんて古くなるのかなぁ。
ワープロってありましたよねー、みたいに、PCってありましたよねー、って言われるような。
仕事メイルのスマホ転送も躊躇するアラフォーの手前が言うのも何なのですが、'personal computer'て呼び方はかつてのマイコンみたいに早晩死語になるんでしょうね。