新着Pick
400Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カルヴァニー社は、体内活動電位をモニタリングし、糖尿病、喘息、関節炎等の慢性疾患の病状変化をいち早く捉えることが可能な埋込み型小型デバイスを開発しようとしているとの記事。

一例として、ペースメーカーは脈拍が遅くなる不整脈に対して心臓に電気刺激を送ることで、不足する脈拍を補充ものです。多機能なものには、心収縮のバランスを調整したり、致死的不整脈に対する除細動(電気ショック)機能を備えるものもあります。

そして、これまではワンドと呼ばれるコンピューターのマウスのようなものをペースメーカーを埋め込んだ部分に体表面から当ててコンピューター側からペースメーカーの設定を変更するのですが、今はワイヤレス通信でこれが可能です。

生体情報を身体から発信するだけではなく受信し、治療に生かす時代。進化するテクノロジーの恩恵を受ける一方で、イージーなミスが重大な結果を引き起こし兼ねない恐さもあります。
体調、しかも症状別の見える化がリアルタイムで行え、問題を放置することなく、その場で問題解決がどんどん進んでいく。今後は症状悪化の予知も精度よく行えるようになるのでしょうか。グーグルには、人間も工場や自動車と同じに見えているのでしょうか。
タイトルが間違い。バイオ電子「薬(クスリ)」じゃなくてバイオ電子「機器」。IoTというよりIoH(インターネットオブヒューマン)に近い、対内に小型デバイスを埋め込んで、体調や病気をモニタリングする。
投薬治療の必要がなくなるというのは、素晴らしいです!!

薬には副作用が必ずあります。
時として、副作用のためにかえって健康を害することも少なくありません。

脱薬の大きな一歩を応援したいと思います。
体内に電子機器を埋め込むメリットってなんだろう。将来のためのデータ採取かな。歯科の金属は体に入れない方向に向かっているよ。
うーん。アレルギーもちの患者として。
小さな電子機器を入れるんだ。
ちょっと、怖いな。それ自体にアレルギー反応が出そう。

ただ、アレルギーが出そうというところを感知して押さえてくれるなら、楽になるだろうね。
アレルギー患者って、不意打ちでアレルギーが出て、お医者さんにも原因がわからないってことあるから。アレルギーってわかるまでに、慢性化してしまうのだ。
「バイオエレクトロニクス治療」名前だけ聞くと怖い(電気ショックとか受けそう。笑)けど、これから普通のワーディングになっていくのかな。。。
広告分野との連動の可能性もある。生体データターゲティングという言葉が流行りそうです。
(例)
・糖尿病患者だけに広告配信
・高血圧の人を対象に広告配信
データがあつまるなぁ
2030年とか2045年には当たり前なんだろうなあ。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績

グラクソ・スミスクライン(英語: GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業。略称はGSK。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(ロンドン証券取引所: GSK ニューヨーク証券取引所: GSK)。 ウィキペディア

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア