新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつてGM、BMW、メルセデスベンツ、VW、アウディなど錚々たる輸入車の日本総代理店として君臨したヤナセは、これらの外車メーカーが自社流通に切り替えた事で、存続の危機に立たされました。

一時は新たなインポートブランドとしてオペルに注力しましたが、結局は伊藤忠商事傘下で業態を転換し、優良中古車ディーラーとして現在に至ります。

この教訓として言えるのは、ブランドインポーターという業態自体、もう過去のものであり、新たなインポートブランドに置き換えるより、業態そのものを転換すべきということです。

マッキントッシュもいいブランドだと思いますが、それ以上に、これを期に新たな業態開発をお考えになる時期かと思います。
一方で三陽商会と袂を分かった後のバーバリーの日本市場におけるビジネスの様子は寡聞にして知りません。
直営化、ラグジュアリーブランド化は世界で統一的に進めている方針のようですし、現時点での判断は時期尚早でしょうが、「誰も得してなかった」という結果になっていないとよいですね。
ファッションなので急に売れるブランドが登場する可能性はある。ただ、最近の流行は続かないのもトレンド。いまの三陽商会に期待できることは少ないかもしれない。バーバリーがあって、余裕のあった時のマッキントッシュフィロソフィーはまだ良かった気がするが、マッキントッシュの穴埋めを必死になっているブランドで魅力的なものが生まれそうな気はしない。ファッションなので遊びが無いと厳しいだろう。
新本社もそうですが、三陽商会さんにお邪魔した際、高そうな絵画がたくさん並んでいたのに驚きました。あの絵画たちもちゃんと売却されるのでしょうか?社員のクビはきるけど本社は建てる、絵画は残す、では確かにやりきれないですよね。
ブランドの資産価値を実感
変化に対応できる企業のみ生き残る時代ですね。良い時代だ。
示唆深い。
これは事業を考える上で重要な現象。
ブランドの力というのは恐ろしい。
株式会社三陽商会(さんようしょうかい)は、東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体であり、自社ブランドに加え、海外の様々なブランドともライセンス契約を結び販売している。 ウィキペディア
時価総額
115 億円

業績

業績