新着Pick

好調フェイスブック、日本では苦戦のナゼ?

東洋経済オンライン
破竹の勢いはどこまで続くのか。世界最大のSNS運営会社、米フェイスブックは2016年4~6月期の業績を発表…
341Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINEのタイムラインとか使ってる人少ないと思うけどなあ
日本の知り合いのほとんどとはメッセンジャーでやり取りしているから驚き。
FacebookよりもLinkedinがあまりにも広がらないことに個人的には驚いています。
日本ではFacebookよりもLINEのタイムラインの方が利用されているとは知らなかった。LINEはガラパゴス化しているかもしれなが、日本での圧倒的な地位を感じる。
Facebookはもうほとんど使わないですね。岡村さんもコメントしてましたが、メッセンジャーで十分。
たしかに日本だとFacebookは比較的年齢層が高めの30代、40代の人の男性に多く使われており、若い層や主婦などはLINE/Instagram/Twitterに分散してる感じ。一方で、日本ではLinkedIn(最近MSが買収)があまりうまくいっていないため、プライベートも仕事もごっちゃにしてFacebookを使う、という傾向もある気がします。
Facebookの2015年12月期の売り上げは、米国が85億ドル、その他が94億ドル。日米のGDPは下記を見ると米国約18兆ドル、日本約4.1兆ドルなので1/5。米国の売上を1/5すると17億ドル=約1700億円。
LINEの今期予想売上は1500億円(2015年12月期実績は1200億円)。ただし、ゲームや音楽などコンテンツが41%占め、広告は30%にしすぎない(24%がスタンプなどのコミュニケーション)。
日本でもFBは一定のシェアがあるので、米国ほどには浸透しないという仮定で、米国でのFB広告収益の6割くらい取れると、実質的にFBと競合する広告事業の売上は1020億円となる(2015年実績は364億円)。あとは、日本以外のASEANの一部国でもフットプリントはあるが、そこは発展段階として広告単価はもう少し低くなりそう。こういったこと考えながらバリュエーションや業績予想したりして、そして取材で質問したり、ニュース・決算で検証・修正していくのが一般的に投資家がやっていくこと(実際はもっと調査を大量にするし、様々な質問をぶつけるが、最後に仮説というかベットしているポイントはシンプルであるべきと思う。確実な未来なんてないので、変数が多いほど何が何だか分からなくなる…)。
FBもLINEも、あとはO2Oでの広告がどうなっていくかは、個人的には期待値が下がってきた今だからこそ気になる。ポケモンGOで、改めてスマホ→リアルへの送客のパワーも注目を浴びている印象はあるし。
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html
グローバル化というのは、ある一律な世界が広がっていく、要は米国化していくものでなく、米国だったり中国だったりインドだったり、複数レイヤのものがそれぞれ浸透していくものだ。地域によってレイヤ毎の浸透度合いの差は当然異なり、各レイヤとローカルの要素の構成比が個性と呼ばれる様になるのだろう。
日本でFBが伸び悩み、LINEがメジャーなのも、その構成比の違いに過ぎない。
グローバルで無い、親会社が韓国のNaverである事で、日本国内だと批判しやすい土壌はありますね。この記事に限らないですが、LINEはFacebookに劣っているという前提の元で書かれているように思います。その事が日本でのLINEの立場に目を向けず、誤った評価につながっている。

LINEはLINEビジネスコネクトがあって、利用者の特性に合わせた情報提供が可能。クーポンの配布、スタンプカード代わりになったり、botとEコマースの利用も始まっている。
LINEの方が日常に溶け込んでいて、便利だと思う人が多いのでは。LINE Mobileが支持されれば、Facebookが入り込む余地は今以上に少なくなります。
メッセンジャーなんかほとんど使わないなぁ。Facebookも開かない日が増えた
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
62.2 兆円

業績