新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マスフローコントローラ」と呼ぶ半導体製造装置に使う液体・ガスの制御部品
倍増とは強気(熊本倍増、全体では7割増)。MFC(マスフローコントローラ)は数年ごとに需要拡大がある印象で、数年前にはLED・ソーラーで結構な需要があった記憶。LEDではMFCは、MOCVDという装置のキー部品。MOCVDでガス化させてウエハー表面の薄膜を形成するが、そのガス化した成分量を正しく計測しながら調整するために必須の部品。通常の半導体より、その工程が多くて、半導体市場全体でのLED市場規模に対して、MFCの需要はもっと大きかったはず。
IoTで使われる半導体で、全体需要の伸び以上にこういった特需が発生するのかが気になるところ。パッとは思い浮かばないのだが…
株式会社堀場製作所(ほりばせいさくしょ 英名:HORIBA, Ltd.)は、京都府京都市南区に本社を置く独立系の分析・計測機器大手。設立以来、分析・計測機器の総合メーカーとして、多彩な製品を世界各国に送りだしてきた。その分野は、自動車や半導体産業をはじめ新素材、エネルギー、鉄鋼、食品、バイオ、化学等々多岐にわたる。 ウィキペディア
時価総額
3,194 億円

業績