yokoyama_ban.004

教えて!プロピッカー

【田原総一朗×横山由依】カリスマ性なきリーダーだからできること

2016/7/31

今回から、AKB48グループの2代目総監督を務める横山由依さんがNewsPicksのプロピッカーと対談する新連載「教えて!プロピッカー」がスタートします。政治・経済からカルチャーまで、第一線で活躍しているキーパーソンはどんな活動をしているのか? 横山さんがピッカーのみなさんと一緒に学んでいく企画です。

初回はイントロダクションとして、ジャーナリストで、AKB48にも詳しい田原総一朗さんが登場。横山さんがAKB48にかける思いや、初代総監督・高橋みなみさんとのリーダーシップの違い、グループに対する向き合い方、さらに現在抱えている悩みまで語り合いました。

自分らしくいるのが良いんだ

──横山さんは、昨年12月に高橋みなみさんから総監督を引き継ぎました。総監督になってから、どんな気持ちの変化がありましたか。

横山:総監督になると決まってから、この1年半くらいは、自分のAKB人生の中で一番涙して悩んで考えた期間でした。

ただ、そのおかげで「自分らしくいるのが良いんだ」と初めて思えるようになって、その気持ちをもって6月の「AKB48選抜総選挙」に挑めました。

総選挙当日は、他のメンバーが喜ぶ姿を見たり、スピーチも冷静に聞けたりする中で、「やっぱり私はAKB48のことが好きなんだ」という原点を思い出すことができました。

順位としては、「7位以内に入る」と目標を掲げていましたが結果は11位。去年は10位だったので、ランクも落としてしまいました。

ただ、順位よりも大事なものを手に入れられたのかなと思います。

横山由依(よこやま・ゆい) 1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。小学生のころ、男性デュオ・CHEMISTRY(ケミストリー)のコンサートで感動し、「人を感動させられる歌手になりたい」と芸能界を志す。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。10年10月に正規メンバーとなり、15年12月、AKB48グループ2代目総監督に。ニックネームは「ゆいはん」。

横山由依(よこやま・ゆい)
1992年12月生まれ。京都府木津川市出身。2009年9月、AKB48第9期研究生として加入。2010年10月に正規メンバーとなり、2015年12月、AKB48グループ2代目総監督に

田原:なるほどね。でも、毎年総選挙があるなんて、むちゃくちゃだと思わない? 秋元康って、すごく残酷な男だと思いませんか(笑)。ほとんどのメンバーはランクインできない。大勢をたたき落すための選挙でしょ?
:それは違いますけど(笑)。でも、今回はいちメンバーとしてではなく、総監督の立場になったので「全員がランクインできない」現実を強く認識しました。