新着Pick
309Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
膨大なデータを持ち、AI技術も持つ会社がデータ・キカイ時代の新しいヒエラルキーのトップに立つのではという見立てがあります(※)。天才プログラマーやビッグデータエバンジェリスト等を集める会社は、既に膨大なデータを有している会社が多いのではないでしょうか。昨年12月にリクルートはAI研究所をシリコンバレーに設立していますが、同じくAI研究所を設立したトヨタや、NTTデータ経営研究所では、人工知能の有識者を有した新組織を発足させているところもあります。

ただ、今のところ、どこまでいってもAIには意思がなく、問いを自ら生み出せず、またひらめきがないなどの課題があるため、それを考える人間が必要です。

天才プログラマーでもAIの課題を解決できる方がいらっしゃると思いますが、AI技術が進むことでそれをどのように活かしていくか、その結果を利用して社会をどのように動かしていくかという戦略を考える経営者層の存在というのは、今後より重要になってくるものだと考えます。

※安宅和人『人工知能はビジネスをどう変えるか』Diamondハーバードビジネスレビュー/2015年11月
長らくプログラミングの天才といえば、IPAの「未踏」の方々でしたが、今「競技プログラミング」の人たちもみるみる台頭しています。

面白いのは、プログラミング=IT業界と思っていましたが、彼らは「IT業界」などには詳しくなく、数学の力をもって、目の前の問題を解決していくだけに興味があること。

なので、これだけ世界でも彼らの実力レベルが高まっている中、いかに彼らがプログラムを楽しんでできる仕事(企業、アカデミアにかかわらず)が提供できるか、も問われているのかもしれません。

この世代では、数学オリンピックのメダリストが、情報オリンピックでもメダルを獲ることが当たり前になっています。文中に出てきた副島さんは、その中でも世界数本の指ですし、ダントツの実績です。

日本が誇る天才たちが何をしでかすのか、注目しています!

(追記)
青木さんの掲載くださった動画が面白いです…。
世界での技術者の獲得競争は始まっています。日本の事業会社で最も早く動いたのは小宮山さんがおっしゃっているようにリクルートとトヨタが知られているところですね。

日本での優秀な技術者獲得においては、

1)国内で少ないプログラマーの採用
2)国内でのプログラマー人口の増加
3)海外での採用

で、既に1)、3)という形で主戦場は海外に移っています。弊社でもこの数年間で中国・インドの技術者が1000人ほどの数に。

ただやはり2)の動きも長期的には重要で、「AtCoder(アットコーダー)」のような会社の存在はとても貴重ですね。学生の人たちの価値観が日本企業の事業のAI化によって、もっと面白そうな世界だという認識が広がり、さらに優秀な層がIT人材に流れることが起きれば、日本経済の活性化にもつながるので、今後の日本にとっては非常に重要なことだと考えます。
うーん、副島君みたいな逸材はアカデミアかトップ企業での研究開発に従事してほしい。もちろん、本人の自由だけど数学オリンピックの上位者が数学者ではなくハイエンドの予備校の講師になったような感じを持つ。
①アルゴリズムを0から生み出せる人になるか?
②アルゴリズムを活かして事業をつくれる人になるか?
このどちらの選択肢をとるかは、今後のキャリアを考える上で非常に重要な問いになってきそうです。
新しいビジネスモデルをつくる上で、アルゴリズムをつくるという視点が入っていないと、競争優位性をつくることが難しくなってきている。
記事中にもあるが、プログラミングコンテスト出身者はGoogleにも多かった。多すぎるほどで、エンジニアの同質化が気になってしまうほどであった。これはかなり特殊な例で、通常の企業ではアプリやWebなどの制作能力が高いわけでもないことが多いので、すぐには評価されにくい側面もある。Googleはより本質的な問題を解くプロジェクトが多かったことと、青木氏も書かれているが、基礎的な素養があるので、他の作業もしばらくすればできるようになることがわかっていたので、競技プログラミング出身者を採用する傾向にあった。

スマホアプリなどでプログラミングを学んだ若者の中には、とりあえず動くものは作れるが、処理の効率などは考えられない人も多い。万単位のユーザーが使うには十分であっても、100万人や1千万人が同時に使う場合には、この記事で出てくる計算量などの考え方が不可欠だ。

記事にも書かれているが、アルゴリズムというのはパズルの延長だ。算数(あえて数学と言わない)やパズルが好きな人はアルゴリズムからプログラミングに入ってみても良いかもしれない。また、若年層へのプログラミング教育には是非取り入れて欲しい。
なるほど。確かに、この夏休み期間に日本のインターネット系の経営者に沢山お会いしているが、多くの方がプログラミングの素養の重要性を説いている…。

「これまでは文系の人間が、エンジニアを集めてきて、指示する形でした。そのやり方は、外部モデルをコピーする段階ではうまくいきますが、これからは難しい。新しいものを作る場合は、企画と開発の距離が近づかないといけない。もっと欲を言えば、開発者が企画するのが一番良いんです」
面白い方向性
確かにリクルートはすごいプログラマー集めてると聞きますし、お会いした方はすごそうだった(プログラミングしているところは見てない)。インドとかにはもっといそうなので、Works Applicationsさんのようにどんどん海外から集めた方が良いと思う。
隠れた天才プログラマーって、企業が囲い込んでいるから市場へ自己主張したことがない人たちかもしれません。

フィールドを変えて実績をあげて、名を轟かせ欲しいです。(自己顕示欲ではなく)
この連載について
コンピュータのプログラミングが転機を迎えている。一部のエンジニアだけでなく、子供から多くの大人たちが取り組むべき対象として認知され始めたのだ。ソフトウェアを作るまでいかなくとも、プログラミングを通じて、何を創造していけるのか。次代を生き抜く「教養」としてのプログラミングをレポートする特集。
カドカワ株式会社(英語: KADOKAWA DWANGO CORPORATION)は、2014年10月1日に設立された日本の持株会社、出版社。ドワンゴとKADOKAWAを傘下に持つ。2015年10月1日より、KADOKAWA・DWANGOより社名を変更。 ウィキペディア
時価総額
886 億円

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.12 兆円

業績