新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GPIFは粉飾決算をしていた東芝に対して訴訟もおこした。先日、ある幹部とゆっくり話をしたが一般に伝わっているイメージとは異なり情報公開の徹底をはかっている。例えば、明日も会見があるが脱記者クラブをはかり、自前で開催するなどかなり本気だ。
ぶっちゃけかなりまともな運用してると思うよ。インデックスよりパフォーマンスはもちろん良いし。東芝への訴訟とか逆に他の機関投資家はなんでやんないの?それが日本のムラ社会なの?笑
先週のESG指標の公募もそうですが、GPIFは本気のようですね。
とてもいい展開ですね。応援しましょう。
外資系の大手公的年金との協力から、外株運用についてのみならず、国内株についても学べることが多いと思います。なぜ「外株」に限られているでしょうか。
「被保険者に対するスチュワードシップ責任を果たすための様々な活動のレベルアップにつながり、インベストメントチェーンの最適化を通じて企業の持続的な成長と企業価値向上の実現に貢献することを期待している」とのこと。とても良いアプローチだと思います。
GPIFが様々な改革をしている。東芝・VWに訴訟を起こし、投資ポートフォリオを大胆に改革し、そして「企業・アセットオーナーフォーラム」と「グローバル・アセットオーナーフォーラム」を始める。期待したい。
前向きな行動をとろうとしていること以外内容がよく分らない。

目的:中長期的な株式投資収益の拡大のための、定期的な「意見交換の場」(深い理解に基づく建設的な対話?)
対象:①国内企業(企業・アセットオーナーフォーラム)
   ②海外の主要な公的年金基金(グローバル・アセットオーナーフォーラム)
運営:規模(これだけ?カバー率は?) ①当初は10社前後、その後他社を受入れ、➁20機関で設立、徐々に拡大   
参加企業名と議事内容は非公開(なぜ?運用方針の公開ではないのに?)。

「スチュワードシップ責任」は、①機関投資家が、投資先の企業や事業に関する深い理解に基づく建設的な「目的をもった対話」などを通じ、当該企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことと、➁機関投資家の、顧客・受益者の中長期的投資リターンをの向上を図る責任をいう。GRIFの責任は、一般的な中長期的投資リターンの向上ではなく、年金原資としての資産の確保と適切なキャッシュフローの準備にあるところに違いがあると思う。

それにしても、「インベストメントチェーンの最適化(意味不明?企業の積極的開示への要求や粉飾決算会社への損害賠償請求のこと?)」が「企業の持続的な成長と企業価値向上の実現に貢献する」ことの論拠はどこにあるのか?

追記 GRIFが、信託名義から実質株主として名義書き換えし、各社の議決権行使をまともにやったなら、多くの上場会社には悩ましいことになる。単純平均で、全上場会社の1割程度の議決権を保有することになる。(140兆円x25%/500兆円=7%)
良い動きですが、出来れば早く厚労省傘下から脱したいところ。塩崎さんが大臣の間はともかく。
良い流れ。世界全体の時価総額に占める比率だと日本株は10%弱だが、GPIFにおける日本株比率はより大きく、下記を見ると日本株と外国株、大体どちらも23%程度(それ以外の半分強が債券)。年金資産を考えた時に、日本株のパフォーマンスが悪ければ、資産全体へのマイナス効果は大きい。日本株のパフォーマンスを上げるためには、企業が強くなっていく必要がある。時価総額・株価がすべてを表すとは全く思わないが、全体の動向として経営が良くなっているのか悪くなっているのか、一定の示唆はあるし、そこでどんどん改善していくサイクルに入るためには対話も重要。
http://www.gpif.go.jp/operation/highlight.html#tab_02
良い取り組みです。最近のGPIFは、本当に良くなってきました。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.96 兆円

業績

エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.46 兆円

業績

オムロン株式会社(英語: OMRON Corporation)は、京都府京都市に本社を置く、日本の大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.20 兆円

業績