新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
部品はいざという時に切り替えることは可能ですが、1度導入した設備は最低でも10年は入れ替えず、実績を積み上げることで長い取引になっていくことでしょう。なお、マツダの年間生産台数は約150万台、GMは約984万台と、取引先の規模が違います。GMに対しては全台向けではないと思いますが、現地への適応とあわせて臨機応変に対応しているようです。
非上場ということもあってあまり目立たないが、知る人ぞ知るマツダ系の大手サプライヤー。部品は価格競争に陥りやすいが、設備から入るのはなかなか賢いやり方。特に新興国の工場では部品供給も含め長期につきあえる可能性が高くなる。国内ではマツダの勢いにやや陰りが出ており、海外も予断を許さない。どこまで自立へと舵を切れるか。トヨタの系列以外の部品メーカー再編は避けて通れないと考える。
こういった企業のストーリーは、読んでいてこっちまで嬉しい気分になる!マツダであればフォードならともかく、GMとの取引というのは大きかっただろう。コツコツと、系列だけでなく系列外にも拡大。
マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,318 億円

業績