新着Pick
375Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事を書いた理由とまでは言いませんが、プログラミングに全く興味のなかった同僚記者が、マインドストームEV3を見た時に、「何これ!」とテンションを上げまくり、それ以来急速に、にわかプログラミング野郎になりました。

子供、大人問わず、やはり「モノが動く」というのは、興奮するものです。

ちなみに、スクラッチと、マインドストームは、共に、今回の特集で取材したMITメディアラボのミッチ・レズニック教授が開発に携わっています。純粋に、その教育への世界観に畏敬の念を抱きます。

後、小宮山さんも挙げて下さっている「WeDo」(一応本文でも紹介)は、マインドストームよりかわいくて愛嬌があり、使いたくなります。
マインドストームEV3を学校の授業でも利用しているところは多い。ただ、1つ約10万円と高いため、その利用は私立学校が中心。また、ロボットの角度やスピードなど、細かく設定できるので小学生でも中高学年向け。約2万円と手に取り易い価格で今年発売された「WeDo」が家庭用としても良さそう。実際子どもと利用してみましたが、説明書を読まなくてもiPadのガイドを読んでいくだけで子ども自身で設定など出来ていました。

マインドストームEV3を用いたWRO(World Robot Olympiad)という大会が毎年世界で開催されています。
一昨年は、奈良教育大学付属中学校のチームが日本勢で初めて優勝。同校を訪問し、チームメンバーに将来の夢を聞いたところ、プログラマーになりたいと答えた生徒は一人もいませんでした。

プログラミングが一部の子ども達だけではなく、普遍的に学べるようになるには、レゴのような、誰でも理解しやすいツールは大変有用だと考えます。
何より、それを教える大人もすぐに理解できます。
レゴのマインドストームは、プログラミング言語Scratchを生んだMITメディアラボのレズニック教授チームが生み出したもの。メディアラボによる産学連携の最大の成果です。
当時ぼくはそこにいて、その普及に携わりました。一番使いこなしそうなのは、既にポップなデジタル文化を生んでいた日本のキッズだと考え、帰国してNPOを作り、展開しました。
でも教育のデジタル化で日本は途上国のまま10年を浪費しました。ようやくこうしてプログラミング学習が日の目を見るようになり、ホッとしています。
子どもたちの創造性を育む為に、マインドストームが学校で使われるようになって欲しいと思っていますが、いかんせんキットの料金が高過ぎます。
1人1台で使えないと色々試せないので、こういう時こそ、国や地方自治体は、次世代教育の一環として予算を捻出して欲しいですね。
プログラミング。もちろんできません。僕は考えを文章で書いたり話して伝える方がスキなので、そっちの方面でやっています。プログラミングは教養というよりスキル。強いて言えば、教養を有用な形で表出する技能。
自分用のおもちゃとして買おうかしら…(違)マインドストーム系はやったことがないのだが、レゴの特徴は規格(スタッド)がしっかりしていること。だから、組み合わせられるから、自分が「これで良い」と感じれば、子供にとって成功体験になる。プラモデルとかだと、あるパーツと別のパーツをこうはめる、といったのがあるから、こうはいかない。
子供の想像力と組み合わせると、大人だと正確に再現しようとするのも、シンプルに特徴だけ抽出して「自分が想像する」ことで「動物~」とかといって遊んでいる。大きくなっていくに併せて、そのパターンを体で覚えていくのか色々思った通りに作れるようになって、「解決力」につながっていく。
興味がない中でやらせてもしょうがないと個人的には思っているが、どこかでマインドストームとかスクラッチとかはやらせたいとおもっている(どちらかというと自分がやりたい!?)。
夏休みの自由研究を、「子供と親でプログラミング」を全国共通のテーマとして実験的に取り組んでみたら面白そう!
マインドストーム、うちの子供用に(というか自分用に)欲しいんですけど、高いんですよねぇ。奥さんを説得するにはちょっと。。。
小宮山さんのコメントにあるWeDoは知らなかったので、チェックしてみます。
記事で紹介されているLegoのMindstormは初代機を持っていた。いくつか拡張キットがあり、より高度なプログラミングができるようにした。また、記事中で書かれているようにさまざまなハックの成果がネット上に公開されていたので、それも利用した。当時流行っていたPalmをリモコンとして使う(赤外線通信した)ものやPerlでプログラミングするものもあった。

Mindstormの何が良いかというと、プログラミング初学者がプログラムの成果をTangibleに感じられる点だ。Tangible、すなわち手で触ることができ、より動作を実感できるのだ。私がScratchよりも、スマホアプリでプログラミングを学ぶことを勧めるのはそのためだ(最初はScratchで良い)。

GoogleとLegoの関係については、ここで書かれている以外に、最初のサーバーがLegoでケースが作られていたりと、関係はかなり深い。昔のGoogle Japanのブログに少しそのことが書かれていた → https://japan.googleblog.com/2007/09/lego-google.html
「Life is Tech」のキャンプは友だちの子ども皆に進めています。特に女子には。
バレエとか学習塾もいいけれど、これからの女子にはプログラミングが必須と思うので。
この連載について
コンピュータのプログラミングが転機を迎えている。一部のエンジニアだけでなく、子供から多くの大人たちが取り組むべき対象として認知され始めたのだ。ソフトウェアを作るまでいかなくとも、プログラミングを通じて、何を創造していけるのか。次代を生き抜く「教養」としてのプログラミングをレポートする特集。