新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまで、ビジネスの中心がソフトウェアへと急速に転換する中で、それに対応できないハード中心の日本企業を負け続けている現状はよく指摘されますが、トップエンジニアの目からはどう見えているのか。

元マイクロソフトで、ウィンドウズ95を開発した中島聡氏に描いて頂きました。

今回の特集とは、直接つながらない部分もありますが、ビジネスの方がプログラミングやコンピューターサイエンスの素養を持つことによって、ビジネスの考え方も変わり、こうした現状が少しでも変わっていかないか、と少し期待しています。
「ITゼネコン」の記載は全く同感です。独自のプロダクトを持っていない弱みですね、それを生み出せない仕事には魅力的な人材を魅きつけることはできないということだと思います。

この連載のコメントでも書きましたが、

「日本のIT産業が生まれ変わるには事業会社自身のIT化しか無いと考えます。既に多くの会社が他社のソリューションをベースとしたSIのビジネスをベースとしてしまっていて、その結果ソリューションを生み出す力は残念ながらアメリカのそれと比較すると雲泥の差になってしまっています。
そういう意味で事業会社のビジネスと結びつけたソリューション(例えばコマツのコムトラックスやパーク24のトニックなど)が盛んになれば、また新たなIT産業の息吹と考えるからです。かつこちらの動きの方が優秀な人材を採用、配置が可能。こうした教育と合わせて産業全体の動きを期待したいですね。」

という解しかないというのが個人的見解です。
ハードウェアを買ってくれたらおまけに無料でプログラムを組みますよ、というビジネスモデルで始まった日本のソフトウェア事業。残念ながらソフトに価値があるという発想は当初から薄かった。
・「プライムベンダーの社員はプログラムは書かず、顧客から要求条件を聞き出し、仕様書だけ作って下請け企業に丸投げするのが日本の流儀」
・「下請け企業への仕事の量は、受注量に応じて大幅に変動するため、あまり正社員を抱えることができない経営構造」
・「本来プログラミングには全く不向きな、数学が不得意な文系の人が、ソフトウェアのアーキテクチャも理解せずに、仕様書に従ってプログラムを書く」
という指摘、正にその通りだと思います。だから規制を潜って三重四重の下請け構造と薄給のSEが出来上がる。
クラウドに置かれた価値の高いソフトウェアを使ってどう業務を構築するかが企業の競争力を分ける方向に世界が動きつつある昨今、個別企業対応のプログラムをこんなやり方でコツコツ組んで貰っていては、確かに競争に勝てません。
付加価値のあるソフトウェアが作れないから高い給料の魅力的な職場が生まれない、仕事に魅力がないから優秀な人は学ばない、優秀な技術者が供給されないから付加価値のあるソフトウェアが生まれない、という悪循環をどこかで断ち切らないと、日本経済の生産性の向上は望めません。初等中等教育の場でプログラミングを学ばせることの是非が議論されているようですが、なぜプログラマーが日本で魅力のない職なのか、というところまで踏み込んで考える必要がありそうです。
Whyを掘り下げて、ではなぜ理系で適性のある社員をエンジニアでなく管理職にした方がメーカーやプライムベンダーは良いと思っているのか。そこが明らかにならないと課題解決できないだろう。ソニーだって最初はエンジニアの会社だったのに、そのエンジニアが後継に選んだのはエンジニアでは無かった。
ITゼネコンの方々がこれを読んで何を思うかとても関心がある。

ソフトウェアが差別化にとって重要になってきているのは同意。そして差別化できるようなシステムを作れとITゼネコンに投げても「できません」と言われるのがオチ。

「非常に精度の高い検索結果が一瞬で返ってくるシステムを作りたい」といってNTTデータに丸投げしてたらGoogle結果はできていない。自分等でリスクを取ってやるから差別化できる。
日本のソフトウェアの問題がよくわかりました。最後に出てくる経営者が理解しておくべきことを、よく理解しておく必要がありそうです。
「ゼネコンスタイルでは決して良いソフトウェアは作れない」〜「会社にとってのソフトウェア・エンジニアは、プロ野球の選手のような存在」
どんな仕事も上になれば、マネジメントじゃん。
それが、日本の負ける原因じゃないよ。
日本で先にやったら圧倒的な差別化になる、ってことかな。

スポーツでもそうだろうか。
上になるには管理職というのは、ITだけでなくほぼすべての業種に言えること。
野球選手で言えば少し活躍したら、すぐコーチみたいな形。
今後ITの進化により、個として何が出来るのかがより必要となる社会の中で職種問わず、管理職の位置付け自体が問われる部分が出て来ると思う。
MBAよりIT
日本の弱点がわかる良記事。大変勉強になりました。
この連載について
コンピュータのプログラミングが転機を迎えている。一部のエンジニアだけでなく、子供から多くの大人たちが取り組むべき対象として認知され始めたのだ。ソフトウェアを作るまでいかなくとも、プログラミングを通じて、何を創造していけるのか。次代を生き抜く「教養」としてのプログラミングをレポートする特集。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績