新着Pick
726Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まっとうな分析。しかしこのゲームはアプリとしては課金軸が非常に甘いのでアップサイドはいくらでもあると思うがポケモン(一部株主任天堂)やNiantekがそれを望んでいるとも思えないので、そういう意味では株価はちょっと上がりすぎかもしれない。任天堂としての真価が問われるのは今後出てくるスマホタイトル、例えばどうぶつの森だと思うが、ポケモンGOの大ヒットのせいで逆にアップサイド抑えられてしまったかもしれない。ユーザーは一つのアプリに熱中すると可処分時間を取られるので他のゲームへの関心が薄くなっちゃうから。
①でコメントしたポイント含めて分かりやすい。開示に関しては、個人的には『限定的』ではなく『これらは~織り込み済みです』の文言の方に注目している。
なお、株価がなぜ上がっているのかということを考えると、スマホで任天堂のIPが強力に効くという部分を評価しているのだと思う。Ingressも一定の人はやっていたが、②をみると3年でDL数1400万以上。一方で、米国だけで利用者数が6500万人を超えたという報道もあり、それ以上に社会現象となっている印象が強い。もちろんポケモンGOが社会現象になっていて、こういう資本構造などを知らずに投資されている方もいるだろうが…
https://newspicks.com/news/1680834?ref=user_100438
https://www.nianticlabs.com/blog-ja/three-years/
昨日、ポケモンGOの任天堂への収益貢献は10%ほどで限定的という話がありましたが、全体としては限定的でも記事の通り世界で4000億の売上もいけば、現在の任天堂の利益を倍増させるくらいのインパクトはあるとの試算で、株価が倍になったというのも一定の合理性があるということも言えなくないレベル感でしょうか
しかし、4000億は過去のモバイルゲームを大きく上回る圧倒的ナンバーワンで、そこまでいくのかというのが、当たり前ですが論点ですね
位置ゲーは広告ビジネスとの親和性が高いからねぇ
>アメリカでは配信4日で14億円を売り上げたと報じられています

あれ?
これって無料アプリですよね。
課金された覚えがないのですが・・・進んでいくと課金ありなのですか?
これを踏まえるとNintendo株があれだけ上がるのはおかしいよな。
いつも思うけど、アプリは、プラットフォームのグーグル、アップルには売上の3割もって行かれるわけです。利益じゃなくて売上で。
これくらいのアプリなら、日本のコンテンツ産業のために、プラットフォーマーとショバ代を引き下げてもらうよう交渉してほしい。
個人的には短期的な収益のインパクトよりも、ビジネス誌やコミュニティでポケモンという名前がシェアされることの波及効果の方が大きいと思います。

マーケティングの視点で話をすると、別領域のターゲットに展開するにはFacebookの買収戦略のように、別のブランド(instagram、Whatsappなど名前を変えずに占有する)でユーザーを獲得していくことが、ブランドのカニバリゼーション(食い合い)を回避することができるため、ブランドごとに分けて戦略を取ることが多いです。

今回のケースでいくと、英語のビジネスニュースを見る方は最近目にすることが多くなったと思うのですが、広くポケモンに関するニュースが乱立するようになりました。

これは、今までターゲットとした若い人の層のみならず、少し年齢が上のインテリな層までブランド認知が広がっていることになるので、ポケモンという名前で若い人だけでなく、ビジネス層にまで広げて、今後サービス展開を行うことができるようになったという事です。

それによる波及効果を考えると、まだまだ可能性はあるのではないかと思います。
まだ限定的だけどポケストップ設置のための店舗課金がデカい気がする。日本ではまだ代理店経由だけっぽいが。
もう「ポケノミクス」なんて言葉まで出てきているんですね。
オッさんらはゲームをバカにし過ぎやな。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.27 兆円

業績

Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。 ウィキペディア