新着Pick
929Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
子どもたちがこれから生きる世界は、正解が一つとは限らず、「納得解」を導く時代。ただ、私自身は「正解は一つ」と習ってきた世代で、その世代と今の子ども達の世代では解の捉え方にギャップがあり、そこを認識する必要があると日々感じています。

DeNAが実証研究をしている佐賀県武雄市の小学校に何度か足を運び、実際に授業風景を拝見させて頂きました。
「わ!キャラクターが動いたよ!」「言った通りに動いたよ!」など、子どもたちの間から歓声が上がっていました。
南場さんも同席されていましたが、彼女と少し話した際に「こんな感じで、声が上がるのが大切だと思ってる。やってみて、何かを感じられる環境が重要。」と仰っていたことを思い出しました。

私自身も南場さんと同様、全員がプログラマーになる必要はないと思っています。素養として必要になってくる。そのため、コンセプトは知っておいた方が良いのではと考えています。

今はプログラミングといっても、楽しく学べる様々なツールがあります。
スクラッチなどのビジュアルプログラミングの他、レゴのマインドストーム、WeDoなど、大人も子どもと一緒に楽しめます。

武雄市のその学校ではスクラッチというビジュアルプログラミングを利用していました。一方、今夏からプログラミングが必修化されるフィンランドではデバイスに触る前に、紙でコンピュータとはどのようなものか、プログラミングとはどのようなものか、コンセプトを知る機会があります。

今年5月には『ルヴィのぼうけん』という、プログラミングとはどのようなものかが分かる絵本も発売されました。
10カ国以上で発売されてきたもので、小学校低学年で初めてプログラミングとは何かを学ぶには良いテキストだと思います。

DeNAによるプログラミング実証研究や南場さんの教育への想いについては、私自身も以前南場さんに取材させて頂き、記事にさせて頂きました。
ご関心ある方は、ご高覧頂けましたら幸いです。
「DeNA南場氏は、なぜ教育に燃えているのか 佐賀県の公立小学校を自らサポート」
http://toyokeizai.net/articles/-/63846

「南場氏「日本の"ガルル型"教育を変えよ!」「会社員になってから学ぼう」では甘い」
http://toyokeizai.net/articles/-/63857
特集の第1回目は、DeNAファウンダーの南場智子氏へのインタビューです。

プログラミング教育には、さまざまな意見もありますが、南場さんの言葉からはその浸透への、相当に強固な意志を感じました。

インタビュー後半に向けては、ビジネス側が持つべきプログラミングの素養について、実体験を元に、ボルテージを高めて頂きました。
内容としては南場さんのいうICT教養なら賛成だけど、先生がいない。

南場さんのようなビジョンをもって教えられる人をまず作るところから。

これ導入をミスると、わかってない先生がただ教科書読んでやらせて成績つけて、できない子がプログラミング嫌いになる、という結末しか生まない気がする。

そのうち誤解がでてきて、受験科目になり、型にはまったコーディングを暗記するだけ、という本来のプログラミングを教育に導入すべきという目的からどんどん解離していくと思う。

でも、行政はプログラミング導入によって生まれた新たな利権勢力に圧されそのままずるずるとこれが続く。
プログラミングはあくまでも言語であり、何か(アプリ)を創り出すための道具にすぎないんだという意識は重要。道具を習得するのは早い方がいいに決まっているし、今後の世界を考えれば義務教育化は妥当な判断だろう。
このお話を正としてきた時に、自分に降りかかる問題は2つ。
1つは、自分は「使える」けど「つくれない」人間なので、「タイプ3」にはなれないことが明々白々なこと。
もう1つは、義務教育でのプログラミング必修化への過渡期なので、自分の子供にその機会を与えられるのは、親である自分次第であるということ。
この2つを克服しようとすると、親子でプログラミングを学んでいくしかないと気づけますね。夏休みののっけから、夏休みの過ごし方を軌道修正した方がいいと思わせるインタビュー記事でした!
結構プログラミングって文系に近いスキルだと思っていまして。
と語られる南場さん。
うーん、ならばと四十の手習いで挑戦してみたくなります。
ちょっと前までは、「しっかり数学を学んで理系能力を伸ばす」とプログラミングに役立つというような風潮もあったくらいだが、よくよく考えれば、プログラミングをそのまま始める方が直接的。同じ時間を費やすとすると、子供に百人一首を覚えさせるのと、プログラミングの教育を受けるのとどちらがいいのか、考えさせられる。
人が作ったソフトウェアを「使う」だけの人と、「作れる」もしくは、少なくともその発想を持っている人とにデバイドされていくと思うんです。
コンピュータを生み出す 何かを創り出すという発想の必要性
そのうち英語よりプログラミング、って言われますね。。。

コマンドを出す側になる人材を育てる、まさにそう思う。
さて、過去キーボードが使えずメールができないシニアが会社で化石扱いされていましたが我々世代も20年後同様に語られるかしら(^^;
これからは親子でプログラミングを学ぶ場が増えそう。レゴがプログラミング学習の商品を出し、親子で学べるようになってます。
今であればポケモン×プログラミングを軸に商品を出せば、日本全体でプログラミングの素養を鍛えるチャンスです。

ゲームこそ、コンピュータに人間が使われるのではなく、コンピュータにコマンドを出す要素が必要だと思います。
この連載について
コンピュータのプログラミングが転機を迎えている。一部のエンジニアだけでなく、子供から多くの大人たちが取り組むべき対象として認知され始めたのだ。ソフトウェアを作るまでいかなくとも、プログラミングを通じて、何を創造していけるのか。次代を生き抜く「教養」としてのプログラミングをレポートする特集。