「ZOZOTOWN」前澤友作が語る、経営、お金、正義、家族

2016/7/23
「競争嫌い」を公言するスタートトゥデイCEOの前澤友作氏は、高校時代に「サラリーマンにはなりたくない」と思った。アルバイトをしながらバンド活動に熱中、メジャーデビューを果たす。
米国で買った好きなアーティストのレコードやCDをライブ会場で売り、カタログ通販を自宅で始めた。未開の領域だったアパレル通販に乗り出し、「ZOZOTOWN」をオープン。創業以来18年、増収増益を続ける。事業拡大の裏には理想と実務の両輪があった。
18年間増収増益
創業から今日までの18年、スタートトゥデイはずっと増収増益を続けています。2007年にスタートトゥデイが株式上場。2008年には「ZOZOTOWN」の会員は100万人を突破していました。
事業拡大に伴ってどんどん人が増え、社内に僕の知らないスタッフが増えていきます。
経営者がよく言うのは、「1・3・5の壁」です。100人、300人、500人、1000人…と人数が増えていく節目に、誰しも壁を感じるようで。実際、これは僕にもありました──。
サラリーマンにはなりたくない
僕が進学したのは早稲田実業学校です。千葉の鎌ヶ谷から新宿区の学校まで、90分ほどかけて通学していました。
満員電車の中で見かける大人たちは皆、ストレスにまみれた顔をしながら黙って満員電車に耐えていました。
これから一生懸命勉強した先に待っているのが、こういうラッシュに埋もれる生活なのかと思うと、「自分はこうなりたくない」という気持ちが強くなるばかりでした──。