新着Pick
469Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうだ!確かに収益面で見ると、このゲームはライセンスビジネスですので任天堂本体の業績には確かにあまり関係ないですよね。
ナイアンテックが一番儲かり、ライセンス管理を行っている株式会社ポケモンがライセンス収入を得る。任天堂は株式会社ポケモンの32%株主というだけなので。

マクドナルドのほうがダイレクトに売り上げに効きそう、かつ想定外の売り上げが生まれそうですね!
①がリリース原文。前から②や③でKenjiさんや自分がコメントしているが、Nianticが開発・配信しており、株式会社ポケモンは任天堂の持分法適用関連会社。よって任天堂に利益がそのまま入ってくるわけではない。リリースによると、現在の予想に「これら」(=ライセンス及び周辺機器のPokemon GO Plus)は織り込み済みで、そのうえで修正は行わないというリリース。③でGSのアナリストの推定だとポケモンGOの売上の1割弱が任天堂の純利益に効いてきそうというレベル。
任天堂のADR(米国預託証券)は、-10.55%下落、さらにアフターマーケットで-3.31%下落している(④)。直近下落した時にも③でコメントしたが、色々なにを織り込んでいるのか考えるのに面白い。
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2016/160722.pdf
https://newspicks.com/news/1660897?ref=user_176458
https://newspicks.com/news/1665806?ref=user_100438
http://www.google.co.uk/finance?cid=685139
売上のどのくらいが任天堂に直接はいるのかは気になっていたが、katoさんが上げているGSのアナリストの「売上の10%」という推定が参考になる
そこからすると、ポケモンGOのヒットというだけでは今の株価は上がりすぎということなんでしょう
ただ、任天堂の強いキャラクター力を使ってスマホ時代でもマネタイズできるという期待は膨らむということで、マリオなら?とうぶつの森なら?スプラトゥーンなら?と連想されるには十分な材料で、そこは提携しているDenaの腕の見せ所なんでしょう
記事とは関係ないですが、Pokemon GO 大ブレイクの理由を考えてみました。

人類は農耕を始める前の長期間にわたって「狩猟民族」でした。
Pokemon GO は人類に流れている「狩猟民族の血」を沸き立たせ作用があるのではないでしょうか?
野外で捕獲するとい点に野生の血が騒いだ人も多かったはず。

日本は農耕民族風土が強いので、欧米ほど流行するかどうかは未知数です。

これからゲームを開発するときは、人の本能をくすぐる作用を持たせるとブレイクするような気がします。
任天堂自ら「業績に与える影響は限定的」と発表。流石に今の株価の上がり方は僕も当事者なら怖くなるレベル。この発表を受けて週明け以降は落ち着いて来そう。ポケモン、Nianticが非上場企業の中、株式市場の参加者がポケモンGOの熱狂に乗るためには、唯一の上場企業である任天堂の株を買うしかない。加藤アナリストの「ポケモンGOの売上の1割弱が任天堂の純利益に貢献」というコメントは、頭に入れておきたい数字感。
イングレスがそうであったように、狙いは売上・利益じゃないんじゃないですか。このインフラと社会的影響の読み方次第で評価が割れますね。
任天堂の業績には直接的には関係ないですよね。
株価はどう考えても上がり過ぎ。
1つだけあるとすれば、任天堂IPの価値が改めて見直された感じでしょうか。
Niantic上場したら凄そうだ
そりゃそうだ。今までポケモンがヒットしてきた時の業績影響度を考えれば、数字の影響度が限定的であることはわかりそうなものだが。それよりも、任天堂関連のIPがモバイルに及ぼすグローバルな影響力を確認できたことが大きく評価の対象になっている側面も忘れるべからず。
なくなった岩田前社長の意思をついで、完成したPOKEMON GO。いよいよ、日本へも上陸。業績への影響は限定的でも岩田氏の意思をついでPOKEMON GOを完成させた任天堂はゲームの裾野を広げ、リアルとネットの世界を組み合わせた新たな世界を作り出してくれたと思います
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.13 兆円

業績