新着Pick

「カイゼン×IoT」で生まれるモノづくり再成長プラン

NewsPicks Brand Design
495Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日モデレータを務めさせていただいたGEデジタルデイのセッションの記事。工場でのIoT活用(Industrial Internet)に興味がある方は是非ご覧いただきたい。個人的に思ったのはカイゼン・課題解消を目的として設定したうえで、まずはやってみることが重要ということ。
記事にもあるように、昔と違い技術が制約条件でなくなってきており、スタートしてうまくいった場合に横展開することがはるかにしやすい。それによって、製造や使用状況が定量化できることによって、モノを売るのではなくサービスを売る、つまりモノの効用を売るということも、状況が分かりやすいのでしやすくなる。
そのなかで、導入した自社のデータがプラットフォーム提供者に丸見えになるのではないかと、自社が採用したプラットフォームが勝ち残らなければ困る(昔のベータ対VHSのように…)からそこを見極めたいといった懸念もあろう。ただ、データに関しては当たり前だがプラットフォーマーに見せるところと見せないところを選別できるとのことをGEマヨランさんが当日発言されていた(記事に出ていないが)。またプラットフォーム自体に関しても、それぞれ特徴があるなかで、ネットでもどんどんつながっていったように、そこは技術が将来的に解消すると楽観して、むしろ早く使って知見をためることが重要というのがネットの世界の歴史が示唆するところだと思う。
導入自体が目的化されるべきではなく、カイゼン・課題解消が目的であり、IoTはあくまでも手段。セッションで「IoT推進室」なるIoT自体が目的化した部署ができると、半年でアウトプットがパワポだけという笑えない話を聞くという発言もあった。なので、あくまで目的がカイゼン・課題解消にあるという前提において、まずはやってみるという考え方がとても重要と、セッションを通して強く感じた。
なぜ今なのか、どこで差別化するのか、注意すべきポイントは何か。総論は共通見解を感じましたが、各論にはそれぞれの個性があって多様な視点をくれる。気づかされる点が多い内容でした。
三菱電機やファナックならどういうかな?
なかなか面白い議論です。ミリセカンドのデータ管理になると、結果(問題)と対策の因果関係だけがデータとしてあって後から結果(原因/源流)が見えてくるようなことも起こり、カイゼンマンとしてはオモシロくないかもしれませんね。
GEのイベントでしたが、IBM、東芝、NECの幹部が並んでディスカッションできたところに意義があったと思います。IoT推進室を作って大上段に構えて中身がらなくなるより、GEのマヨランさんがおっしゃるように、IoTでこんなことができる、したい、という小さなことを積み重ねて行く方が近道かもしれません。
プロピッカーの若林さんがおっしゃるように、ファナックや三菱電機のような企業の意見も聞いてみたいですね。
日本のM2Mの歴史は長く、それこを複写機をモニタリングしたのは1980年代後半から。IoTとなり、よりものがインターネットにつながり、モニタリングし、遠隔保守をするだけではなく、ビジネスモデルの変革が求められる。故障予兆保全の例が多いが、SCMに活用したり、機械以外のデータと組み合わせ、需要を予測したり。過去はクローズでやってきた日本であるが、ぷラットフォーマーの座をGEやシーメンスにとられるのか。特に日本が強い自動車業界の今後の動向が注目
製造業系のB2B分野にも、継続課金。近年SaaS分野として急速に広がりつつあり、それ以前にはB2C分野で世界的に広がっている継続課金という一大ビジネスモデルがここにも広がっていく。GMOPGは継続課金を実現する課金プラットフォームであるので、この分野でもしっかり提案していって欲しい。
IOTによって自社が生み出す価値を、自分で定義できる企業が勝者になるのだな、と改めて感じた記事でした。
この連載について
トーマス・エジソンを創始者とし、照明・発電・医療から航空分野まで多様な事業を行う米国企業、GEのアカウントへようこそ。「第4次産業革命」が謳われる今、1世紀を超える事業の歴史とともに培った戦略的経営ノウハウ、技術と人材をベースに “産業の新時代“ を切り拓こうと努力しています。グローバルな視座で産業と経済の発展を考えるNewsPicks読者の方々へ、GEの自社運営オンラインマガジン「GE REPORTS JAPAN」から様々な情報をお届けします。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア