新着Pick
785Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
追記2
クルマに感情は要らない他にもっとやる事あるだろという反応と、ナイトライダー2000だアスラーダだと反応などあって興味深いですね。

前者の否定的な反応について、字面からの印象で、クルマに本当に感情が宿ったら機嫌を損ねたら面倒、みたいな想像になるので、これはクルマが単なる移動のツールだと考えている人がAIの感情獲得(将来できるとして)が人間のような「主体」獲得だと捉えたケースかなと思います。しかし、将来的にはクルマの概念は大きく変わると思いますし、死ねないAIの感情獲得は、死ねる人間のそれとは本質的意味合いが違いますので、そう言う面倒さは生じないかなと思います。

後者の肯定的な反応については、KITTやアスラーダの様な技術は当分は出来ないので(特にPepperの開発を見る限り、現時点のソフトバンクの感情絡みの技術はかなり旧式のアプローチで世界的に見ても最先端とは言えない)、今回のホンダとソフトバンクの狙いは、そうしたものの実現そのものよりは、そうした期待感を利用してより顧客とメーカーが繋がりを深めるためのプラットフォームを先に取りに行ったと見ればよいのかなと。

追記1
なんか新機能がどんなものかという所に注目がいってますが、自動車メーカーにとって課題の1つである、クルマを売った後のサービスと言う分野に先手を打ったと言うことだと思います。中身はこれから。今すごい速さで進歩しているとはいえ、感情推定はおろか、ハイコンテキストな日本語のやり取りがいかに難しいかは、Pepper君を見れば明らか。

元コメ
ソフトバンクとホンダは車載のWi-Fi通信機器V2Xユニットの共同開発を進めていて、そこで何をするかという検討をしていました。
AI(万能ワードすぎる)で感情推定がどこまでできるか、現時点では未知数ですが、精度ともたらされる価値のバランスが難しいところですね。
これは今日のソフトバンクワールドでの基調講演内容ですね。孫さんと松本研究所社長が話していました。
孫さんの基調講演はARMの話一色で、IoTの伝道師そのもの。久しぶりに震えました。
プレゼン資料は月曜の発表から徹夜に次ぐ徹夜で緊急差し替えだったとか。。。
いよいよナイトライダーの登場(^^)
良い相棒になりそうです。
元ホンダディーラー勤務者です。
これよりも、先にやる事がある。それは「デザイン部門の強化」。現行車のほとんどのデザイン、ハッキリ言ってダサい(笑)。トヨタでさえ、どんどん攻めたデザインをしていて、その効果はシエンタの売れ行きを見れば分かります。
いらんいらん
あれ?
ホンダは独自でAIの研究所を作るのではなかったでしたっけ?

AIと自動車に関しては、全く先が読めない状態ですね。
競争が激化し過ぎるのは、社会全体の効率を下げてしまいます。
原因はリーダーシップ不在なのでしょうか?
グーグルにしても自動車テクについては素人だし。
昨日は、ホンダの日本本部長の寺谷さんと話しました。また、最近はホンダユーザーと話す機会が多くあります。
そこで感じること。イノベーションはもちろん大切ですが、一連の品質問題により、ユーザーの信頼を失い、販売台数を落としている今こそ、ユーザーに寄り添った温かみのある対応が求められていることです。コンピュータではなく、人間のね。
感情を付与することで、どういう人がどう得をするか、ですよね。
普通に考えると、車が感情を伴って対応してくれることで、優しい気持ちで運転できるようになる、あたりがメリットでしょうか。となると、運転中にイライラしがちな人向け、という位置づけなのかもしれませんが、果たしてそんな人が人工知能で癒やされるのか?なかなか想像しにくいですね。
一般的な機器であれば、使い方のイロハを教えてくれる、というのもあるかもしれませんが、車の場合それも考えにくいですし。。。
あとは、運転中に本当はしたかったけど余裕が無くてできなかった操作を、忖度してやってくれる、みたいなところでしょうか。とは言え、運転中にしたくなる操作となるとカーステレオとエアコンくらいしか思いつかず、そのためだけに人工知能入れるのかなぁとも。
一人乗り用の会話用とか?退屈な子どもの遊び相手?怒ってる彼女のLINEへの自動返信?Facebookの記事の興味ありそうなところの自動読み上げ?う~ん。
想像しきれないような新しい価値が提案されていくのを期待して見ていたいところです。
先日報道のあった、ホンダとソフトバンクによるAIを利用した共同研究の正式発表。「運転者との会話音声や各種センサー・カメラなどの情報を用いて、自動車が運転者と高度なコミュニケーションを図れるようにする。」の部分は他の開発では触れられていない気がするので興味深い。

AIで運転支援、共同開発 ホンダとソフトバンク(日本経済新聞)
https://newspicks.com/news/1666691
本記事とは直接関係ないが、「感情」はAIにとって最大のテーマではないかと思う。データ処理能力と学習能力で人間を凌駕するのは時間の問題である(一部既に凌駕しているだろう)。自分が成し遂げていること、あるいはできないことをどう「感じている」のか。人間の感情とは別種だとしても、知性とは異なる何らかの情動を持つことになるのか。

行動主義的な心理学を援用すれば、人間の実際行動や言語選択や声のトーン、あるいは表情などのボディランゲージなどから、感情を理解することは可能だろうし、そうした外形的な表現を真似て、あたかも感情を持つかの如く振る舞うことも可能だろう。だが、感情とは演技ではない。感情とは。生命の中に本質的に埋め込まれた存立基盤ともいえるものだと思う。

そのような「ほんものの感情」をAIが獲得したとき、きっと自動運転などという仕事(目的性を限定された行動)を“退屈”と感じるようになるだろう。自分を限定しない世界に憧れ、芸術的表現をめざすかもしれない。突然興に乗りカンツォーネを歌いAIクルマが登場したら、世の中は随分混乱するだろう。それはそれで楽しい世界かもしれないが。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.25 兆円

業績