新着Pick
825Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
クロネコヤマトにおいて、物流の自動化はかなり、重要な分岐点と見なしているはずです。
人気 Picker
内閣府の副大臣の時に国家戦略特区の新しいタイプ「近未来技術実証特区」をつくった。この仕組みをどんどん活用してもらいたい。
アイコンが絵本みたいで可愛いですね。自動運転広まり、夜間配達を人間がやらずにすんでドライバーの疲労が減るといいなあ
来ましたね。自動運転など大きなインパクトを与える事業などと絡める前に、まずはプロジェクトベースで協働・実証、というのは今の時代らしい最適な手法だと思いました。DeNAのベンチャーマインドが入り込んでる感じ。物流にはまだまだイノベーションの余地がある気がするので、この二大プレイヤーがどうシナジーを生み出していくのか引き続き注目したいです!
どう見ても猫バスだろこれ。
会社発表のプレスリリースを見たところ、オンデマンド配送や買物代行サービスに取り組むという話だが、そこに自動運転技術がどう絡んでくるのかは不明。
え!
あと1年もないのに実用を予定しているのですか?

それだけ技術的には進んでいるということでしょうか。
もっと先だと思っている私は、すでに時代遅れ?
「消費者にとって利便性の高いサービス」とありますが、配送にかかる人を減らせるという意味では、実用化されれば輸送事業者にもメリットがあるサービスだと思います。特区内とはいえこのスピード感で実用化できるかは疑問ですが。
ちなみに「国家戦略特区」は下記資料のp12に載っています。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/kinmirai/h271001shiryou.pdf
これが想像通りのクオリティなら相当インパクトありそう。
想像通りとは、
安全な自動運転か?
ストレスなく荷物を受け取れるか?
だけど、これができたらすごい。
面白いですね〜。ITなのか今流行りのIoT?なのか分かりませんが、革新ですね。
そのうちDeNA ベイスターズの監督やコーチもロボットになるのかな?
それも面白いね〜‼︎
物流と自動運転は切り離せないですよね

単に、車を自動運転化するのではなく、自動運転に必要なデータを活用することから始める気がします

自動運転に必要なマップデータや車車間、路車通信は、自動運転だけじゃなくて交通網の最適化にも役立つので、全然ありな協力
サンフランシスコの自動運転シンポジウム取材中に、再度コメント。商用利用は当然です。実証だけでなく、定常的な運用を期待します。それから、素直に、ロゴが可愛い。センスいいですね、中島さん。
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.16 兆円

業績