新着Pick

テスラの死亡事故は「太陽のせい」か?

日経ビジネスオンライン
米テスラ・モーターズのEVが、運転支援システムの動作中に、大型トレーラーに衝突して運転者が死亡する事故を起こした。テスラの説明では、事故の理由を「空の明るさ」としているが、これを筆者は「不条理」だと感じた。
412Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
よくできた考察記事です。しかし、本当にこの考察通りかは、いまいちわかりません。テスラの公式な分析レポートとか期待したいです。
人気 Picker
アイサイトつきレガシィで急に飛び出してきた鹿と激突したことあった(汗)。助手席の女房は「アイサイトが付いているのに!」と嘆く。私は「急な飛び出しは無理だよ」と。 機械は完璧ではないけど、性能の限界をメーカーはどう説明するのか。これからの課題でしょうね。
これは良い記事。テスラの運転支援システムのミリ波レーダーやカメラの技術的限界を指摘した上で原因を解明し、今後の改善策を提示している。
人が亡くなったのはもちろん痛恨事ではある。

自動運転と運転支援システムは全く次元の異なる技術であるからには技術や製品への過度な信用はこと自動車に関してはまだハイリスクであること、そして、テスラや日産などの技術開発に取り組む企業がきちんとしたプロモーションのための言葉選び(wording)を心がけて欲しいと切に願うばかりである。自動運転といえば、未来的だが、その実態は運転支援システムであり、そういった「麗しい誤解」を「geekではない普通の消費者」に少なからず与えている現状は好ましくないと言えよう。
分かりやすいまとめでした。
カメラとミリ波レーダーという異なるセンサが搭載されているのなら、判別のためのフィルタ処理をするのではなく、それらを統合して判断すればいいのでは?とも思いましたが、天候や昼夜などシチュエーションによりその組み合わせが膨大になってしまうことを考えると、それなりに特化したセンサを独立に動かしておいた方がいいんでしょうね。
大変勉強になりました。テスラ車がトレーラーを認識するためには反射が少なく、また側面からの認識は実験・開発途中だった様子。

この事故を知れば知るほど、自動操縦には程遠いと痛感します。
航空機においては、実は操縦はほとんど自動化できています。最後に壁として立ちはだかっているのは、意外かもしれませんが離陸の決断です。

風が強くても暴風でなければ自動操縦できっちりコントロールできますが、離陸時にスピードがのった状態でエンジントラブルがあったとき、残ったエンジンでとりあえず離陸するのかそれとも離陸を中止してフルブレーキで止まるのか、という総合的な判断はプログラミングでは対応できていません。

また、巡航時にもパイロットは両手を操縦桿にあて、いつでも自動操縦を解除できるようにして飛行しています(ずっとやっているのはつらいので、何時間かおきに交代して担当しています)。それ以外にも、他の飛行機などとぶつからないかの見張りも必要と規程で定めています。

自動運転とはどのようなものなのかについての理解を、少なくともその利用者には正しく普及する必要がありそうですね。しかし自分の進路がクリアかどうかの判断はしてくれるものと思っていたのですが、それは今は厳しいんですね。初めて知りました。
分かりやすいまとめですね。現時点での技術的限界への指摘。技術的限界というのは乗り越えていって欲しいものですが、やはり完全にコンピュータに運転をお任せ、というにはまだまだ時間がかかりそうです。
精度を高めすぎてもノイズの影響を受けてしまうし、低くすると認識できないことによる事故が起こる。そう考えると人間の脳ってすごいですよね。
技術的な課題が分かりやすいのでPick。「地図との融合」、Teslaはされているのだろうか?個人的には必須だと思っており、そうすると高速でないところは横断車がある可能性があるので、認識や制御を変えるということもできると思う。
”側面からみた車両を車両だと認識するアルゴリズムが、テスラ車を含む現代のほとんどの運転支援システムには組み込まれていない”
教師あり学習だけではこの手の話は永遠と続くので限界がある。強化学習のアプローチが必要。
事故の原因は正式にはわかっていないが、事故を起こるべくして起こった状態のものだった、ということがわかりました。技術的な背景をわかりやすく解説している良記事、特に下記の説明でよくわかりました。
コメント欄で、専門家のコメントから車の製造の奥深さと、この記事で人間の能力の高さを改めて知り、その上でどう新しいテクノロジーを共存・発展させていくのが良いのか、を考えさせられる内容。AI関連の記事で、モノ作りの強さはIT会社にはなく、日本企業にチャンスがある、という見解が最近ようやく理解できてきたように思います。

「現在の運転支援システムは、クルマの追突を防ぐための自動ブレーキの機能から発展したものである。このため、後ろから見たクルマを認識する機能を重視している。次いで、歩行者を認識する機能、さらには自転車を認識する機能などを加える形で進化してきた」
「あらゆる物体からの反射波をまともに認識していると、例えば高速道路の上方に取り付けてある案内板からも反射波を受けることになり、衝突する物体もないのに、車両にブレーキがかかるということになりかねない。」
時価総額
85.8 兆円

業績