新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

214Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
DMMは10年くらい前には、映画の配信プラットフォームを狙っていた。最終はコンテンツ戦争になるとは思ってたんだけどカネがない。そこで当時ヒットを連発していたロボットという制作会社を訪ね、制作費を聞いてからゲオに持ち込んだ。

「この映画をゲオだけでレンタルすれば赤字かもしれないが、会員が増えて将来元が取れる。カネ出してくれたら段取りはオレがするから、ネット配信権だけちょうだい!」って。何とかそそのかそうとしたんだけど失敗。

次はUSENが映画配給のGAGAを売るらしいと聞いて、買収に行ったんだけど、これまた失敗。

その後、ひかりTV、TSUTAYA TV、dビデオとか乱立になって、その後やって来ると思われる海外勢に対して「ウチの体力じゃ無理」と判断。5年前に映画配給はレベニュー以外は撤退になった。

プラットフォーマーが無理となったら、次は世界のプラットフォーム相手に商売をするしかない。有り難いことに現在、世界を制している会社はいないので、Amazon、ネットフリックス、中国勢などを相手に天秤に掛けながら、「日本のお家芸であるアニメ」を売り込むビジネスをスタートした。

ウチだけじゃ非力なので、アニメ業界みんなの協力が必要。原作者や制作会社にも長期的にコミッションが落ちる仕組みを作って、一緒に稼ぎにいくぞ〜!
アマゾン・スタジオのロイ・プライス氏のインタビューが最高ですね。
時代を読んでいたロイ氏に対し、最低な判断と罵る周囲。
業界のサラブレッドだからこそ、時代を読むことの重要性が、後の結果を見てもよくわかりますね。
僕はHULU、アマゾン、ネットフリックス、全てを契約しているけど、1つ残すとしたらアマゾン。機能面では、ストリーミングだけでなく、コンテンツによってはダウンロードもできるため、ネットワーク環境が悪いところでも観れる。コンテンツ量も(僕の感覚では)最も豊富だと思う。ただ、HULUとネットフリックスのオリジナルコンテンツが面白くてこの2つはなかなか解約できない。。最近もHULUを解約しようと思ったところで「シリコンバレー」というドラマを見つけてしまい、それが面白くて。。1つに絞りたいのに絞れない。。
自分自身、プライム会員になり、そしてプライムビデオにハマってます。そしてPCでは物足りなくなり、Fire TV stickが欲しくなり、結果プライム会員から抜け出せなくなってます。笑
多様な入口商品から、プライム会員を落とし所にして継続させる形が本当に強いです。
あのウッディ・アレン監督が、初めてのテレビシリーズをアマゾンで手がけると聞いたときは仰天したものです。トレイラーを見る限り、作風はウディ監督の世界観そのもので、キャスティング、衣装、舞台内装などにも相当な趣向を凝らしていますね。ゴージャスですねえ。
アマゾンもしかり、NETFLIXもしかりだが、コンテンツ投資のスキームに上手くシフトできた。人材の流動性が高いとはいえ、人への投資も腰を据えて行わないといい人なんて来ないし、米国ならなおさらすぐに辞めてしまう。コンテンツへの投資も中途半端では実現しなかったであろう。
昔からのプライムユーザーとしては、料金変わらないのにサービスはどんどん拡張していくので、解約する理由が全く見当たらない
こうしたコンテンツ人材がいるところに、アメリカとアマゾンの層の厚さを感じます。

高校時代には、アーティスト事務所でアシスタントとして働き、ハーバード大学卒業後には、満を持してウォルト・ディズニーへと歩を進めた。そしてディズニーで6年間働いた後に、コンサルティング企業を経て、アマゾンへと誘われることになった。
Amazonのプラットホームに人々を惹きつける戦略において、投資の隙の無さは半端ではないです。こうした明快な戦略性が、コンテンツの話のように、なにも事業の形がなくても、トップ人材を惹きつける理由になってるように思います。Amazonだったら、今形がなくても面白いチャレンジが創れる、と。
こうした世代交代によって良質な映像コンテンツが、作り続けられる環境が整ってほしい。特に日本はテレビ局を始め働きかたや無理な下請け構造が、金属疲労を起こしているのではないでしょうか。視聴者データの取得などネット企業に学ぶべきところは多いです。
この連載について
時価総額35兆円をほこるIT企業の米アマゾンが、日本市場への投資を加速させている。オンラインショッピングの物流配送から動画や音楽などコンテンツ、そしてITインフラまで、生活の隅々を取り込む「アマゾン化する世界」を描くオリジナル連載。