新着Pick
1277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
急遽、「Amazonについて語れ」との取材依頼がきたので、松栄と二人で「あれは何年だった?」とか言いながらまとめた「亀さん松さん奮闘記」だよ。自由の女神に向かって突進する、ドン・キホーテとサンチョ・パンサを応援してね〜!
まあ、1997年くらいに石川県のAV屋の親父が来年Amazonが来るって危機感をもって話してるの見て、面白かったですね。亀山さんとの初めての出会いです。潰れたスーパーに何千台のVHSデッキが置かれていて、常にダビングしてた。隅っこにreal playerのエンコーディングルームがあったなあ。懐かしい
亀山さんが1998年から2000年代にかけて予測していたこと、危惧していたこと、そのほとんどが的中しています。その中で、DMMはどのように立ち回り、アマゾンの間隙を縫ってきたのか。臨場感のある言葉が語られます。
永久保存版のお話です!

商売人の視点から、アマゾンのプラットフォームビジネスに対峙してきた歴史と未来が描かれているだけでなく、それを通して、日本企業の弱点が描かれており、大変深いお話となっております。

私の生活も、アマゾン、グーグル、アップルで成り立ってるといっても過言ではありませんが、生活者の生活をおさえていく重要性を改めて理解できますね。

話は脱線しますが、NPのマイピックスの中に、星などでレーティングできる仕様が欲しいです。
ありがちな評論ではなく、実際にAmazonと対峙し続けた経営者の視点は非常に納得感があります。
同時にAmazonという巨人に対抗する秘策や特効薬などなく、日本企業は常にアメリカという巨人の出方を見ながら、都度都度対応しないければならない日本国と同じだというくだりに、経営のリアルを感じますね。
これはイイ! 独立自尊。商売の王道にして原理原則。「ピンクオーシャン」の発想も清々しい。勉強になりました!
同僚の野村記者のインタビューに同席して、初めて、亀山さんに直接お話しをうかがいました。非常に面白かったです。日本上陸をする直前のAmazonに、ダメ元で日本側のパートナーになろうとして電話をかけたりするなど、商売をする上での圧倒的な行動力にも驚かされました。非常に面白い、インタビューに仕上げっていると思います。
DMMの亀山さんがいかにアンテナが高く、AMAZONの脅威をいち早く察知、それに対して様々な手を打ってきた歴史を見ながら、差別化思考のお手本のような内容になっています、これは必読。

ベゾスは実はもう利益を出すことを考えておらず、出た利益を投資に回し続けるという新しい経営の領域に入ってきているのではないのか、ということさえ言われています。市場の覇権を握れるまでは「利益を出さない」という経営をひたすら続ける、覇権が握れるようになれば利益を出し、その分を新しい領域へという強者のサイクル。

これを踏まえて「尊敬すべきアマゾンなどの先進企業との、真っ向勝負を避けながら、彼らが来ないところで稼いで、体力をつけながらチャンスを待つこと。奴隷にもならず敵対もせず、近づいたり離れたりしながら、自主独立を守って生き延びること。」という視点がとても参考になる内容でした。
この記事で亀山さんが指摘する「Fire Phoneを激安価格でばらまく」、をやらなかったのはやはりダンピングになるからだろうか。発売後さっぱり売れなかったので思いきり価格を下げたのにも関わらずそれでもやっぱりさっぱり売れなかった。
このせいで、AmazonはFire Phone開発を断念するわけだが、その後、Amazon Echoを開発してくるあたり、転んでもただで起きない会社だなあ、という気がする。

タブレットのKindle Fireは当時としては画期的な安さでタブレットをばらまいたので非常によく売れたが、こちらも結局最近では数量が落ち着いてしまっている。
「俺は評論家でなく商人だから、先が読めたからといってあまり意味がなく、現状、非力な自分に今後、何ができるかということになる。」慧眼以上にこうした姿勢に共感し敬服します。
この連載について
時価総額35兆円をほこるIT企業の米アマゾンが、日本市場への投資を加速させている。オンラインショッピングの物流配送から動画や音楽などコンテンツ、そしてITインフラまで、生活の隅々を取り込む「アマゾン化する世界」を描くオリジナル連載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
186 兆円

業績

合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア