新着Pick
393Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
水口さんは、ルイビィトングループにいた、
エグゼクティブ人材。オペレーションと
ブランディングが得意。期待したい。
日本のスターバックスは「1000店舗」という大きな夢の実現をめざしてスタートしたが、2013年に無事達成した。その後、量的拡大でいくのか、質的充実をめざしていくのか、路線はかならずしもはっきりしていなかった。水口さん体制で、量的拡大と質的変化(新業態など)を明確に打ち出した記事。スターバックスのこれからは、人間でいえば、中年期を迎えることになる。もはや若くはないブランドが、どうやって自己刷新を続け、社会の中でより重要な役割を担っていくか。勢いで成功できる青年期のマジックが通用しなくなる中年期こそ、ブランドの勝負の時といえる。

創業から立上げ期に関わった者として、是非さらなる成長(特に質的な成長)と成功をめざしてほしい。この記事にあるドトールやコメダ珈琲店が競争相手ではない(表面的な競争は続くが)。サードウェイブの個人経営のコーヒーショップのネットワークとどう渡り合うか(あるいは共存するか)。そして、コーヒーをベースとしない様々な形態のサードプレイスとどう戦うか。コーヒーという名称を社名(ブランド名)から削除したスターバックスが真価を発揮するのは、これからだと思う。
スタバとドトールとコメダ。それぞれに立地戦略と商品戦略と価格戦略が異なる。そのなかでスタバの決定的な弱みは・・あとは有料記事にしようかなぁ。笑。

・・というのは冗談ですが面白いテーマなので書きたいけど字数が足りなくなりそうです。
スタバって本当に至る所にあるけど、全部混んでる。増えたら少しは空くのかな…。

かく言う自分も週3ぐらいで高田馬場のスタバに出没しているのだけど、特にスタバがいいというこだわりがあるわけじゃなくて、スタバでいいという感覚。

ドトールみたいにタバコ臭さに悩まされることも、マックみたいにすごい大きい声でしゃべっている人がいることもなく、最低限の過ごしやすさが保証されているところが、とにかくポイント高い。
競争激化する中で、より消費者に向いたサービス展開を期待!
同時に、スタバの紅茶専門店ティーバナの上陸も楽しみ!
日本展開を支えたサザビーと縁を切り、独自展開を始めたスタバの最初の手としてのさらなる拡大
数字を追うことによって、これまで築き上げたブランドを消費してしまうのか、維持向上が図られるのか、新業態との事だが日本展開が報じられていた紅茶業態のティーバナは本国では撤退と聞いたがどうなるのか、など興味はつきませんね
スタバの新戦略。新業態の店舗というのはとてもお楽しみですね。コメダも上場しましたし、競争が加速している様子。個人的には地方にももっと店舗が増えると嬉しいです。
地方だとなかなか居心地の良いサードプレイスが無いので、スタバの進出は歓迎。
スタバがこれ以上増えるのですか。何処に行ってもスタバになってしまう。

僕は最近はスタバから足が遠ざかっています。理由は店員のお姉さんが馴れ馴れしいからです。気遣いが良いのと馴れ馴れしいのは別です。話したくないお客さんだっているわけです。喋りかけないでください!みたいな札があると良いんですけどね。
すでにそれほど敷居が高くない状況なので、拡大はダメージにならないだろうし、新業態をいかにうまくやっていくかが重要なんだと思う。今のスタバと少し違う業態はあまりうまくいっていないような気もしている。

業績

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
13.2 兆円

業績