新着Pick
411Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
実は外出先でテレカンに入らないといけないときはカラオケ店を活用することがよくあります(同じような使い方をしている人が他にもいるんじゃないかと。。。)。
「完全個室で電源、Wi-Fi、PCからの出力が可能な備え付けモニターが用意されている」というのはとても良いですね。仕事がはかどりそうです。
確かに便利かもしれませんが、値段が気になりますねー。
周りの歌声が聞こえてくるのも・・・どうだろう???

ラブホがカラオケ店代わりになっているという話を耳にしたことがあります。
カラオケ店は一人当たりの料金ですが、ラブホは部屋単位。
人数が多ければ割安だとか・・・ラブホ側も空室にしておくより稼げるので黙認しているという話です。
真偽はわかりません。
まあ普通に使われてそう今でも
カラオケルームをビデオ会議で使うのはたまに聞くが、それを正式にサテライトオフィスとして借りれるというのは良い。気分転換に歌えたりするのかな?
確かに、価格次第で、カラオケ店を会議室・執務スペースにするアイデアは買える。

外出時の急なカンファレンスコールにはちょうどよい。
鉄道会社なんだから、駅構内に作ってほしいもの。
それが、顧客が一番求めるスタイルでしょう。
拡げてるだけで哲学や本気度を感じない展開。
すでにかなり快適なので使ってます。あとはwifiの整備ですね。
シェアリングビジネスが広がっている。モノの需要は有限であるがサービスへの需要は無限大である。カラオケは都心部では圧倒的に夜型であり昼間はガラ空きのはず。着眼点は良い。如何にサービス産業の生産性を高めるかが日本の未来を決定する。森川正之著の「サービス立国論」は必読の書。
営業チームにいるとき、よくカラオケで会議してました。流石に外で英語で大声で会議するわけにもいかず。ネット環境がだったり、照明がもう少し明るくできたりするとより快適だったりするかもしれませんね。
カラオケ店が執務場所になるって新しいな…。

熱唱している人の歌声とか聞こえてきそうだし、普段からカラオケ行かない人からしたら、利用のハードル高い。。

でも、空きスペースの活用という意味では、カラオケ×仕事場以外のいろんな組み合わせが出てくるといいなと思う。
東京急行電鉄株式会社(とうきょうきゅうこうでんてつ、英語: TOKYU CORPORATION)は、東京都南西部から神奈川県東部に路線を展開して鉄軌道事業などを行う日本の会社である。略称は東急(とうきゅう)。 ウィキペディア
時価総額
1.27 兆円

業績