新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここで資本関係を一回整理してみます。今回のゲームの開発・運営会社はNiantic社とポケモンカンパニーの合弁です。この合弁にポケモンカンパニーが80%、Niantic社は20%出資しています。任天堂はポケモンカンパニーの議決権を32%保有する筆頭株主で、ポケモンカンパニーは持ち分法適用会社となります。また任天堂はNiantic社にも出資していますが、出資比率は公開されていません。ただNiantic社は任天堂の持ち分法適用会社にはなっていないので、出資比率は小さいと推定されます。

業績貢献については正直わかりません。出資に応じたProfit Shareなのか、なんらかのIPのロイヤリティが加わるのか。
まさにキラーコンテンツ。小さいころからPokemonで遊んでいる層が、自由に課金できるくらいの年齢になっているのにコンテンツとして残り続けていることがすごい。

こういう軸になるアプリがあると、各国の映画・ゲーム・玩具などのマーケットも大きく影響を受けるかもしれませんね。
さて、あとはどれ位継続するかだよね。
ポケモンGO、勢いすごいですね。日本でも今週中にリリースとの情報も。これだけの前評判だと日本でも凄いことになりそう。
ポケモン、未だ健在ってところですか。
1日あたり3.5億円。。。。
これは上手く日本企業と海外の企業が組んだ事例になりそうです。こういった流れが加速して、国境を超えて新しいプロジェクトがどんどん生まれてきてほしいです。
恐ろしい爆発力、ゲームの新しいカタチっすね。
日本でリリースされたら社会現象になりそう
ヘビーユーザーが多額のアイテム課金を行うのではなく、「広く薄く」課金するのが目標だったはず。
アイテム課金の状態がどうなっているのかもっと詳しく知りたい。

「ゲームを有利に進めるアイテムとして卵の「ふかそうち」や「ルアーアイテム」、経験値を2倍に上げるアイテム等が用意されており、それらを購入するためのコインを課金して入手できる。」
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.57 兆円

業績

Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。 ウィキペディア