新着Pick
1159Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンリアル本屋の目的の一つは、「どの本を売るかはamazonが決める」ということ。この本屋が成功すれば、他の書店もamazonランキングで棚割りを決める。おのずと出版社はamazonでの売上を争うことになり、仕入でも広告でもamazonは更にイニシアチブが取れる。

もう一つは、「あらゆるアイテムのショールーム」。本やDVDより、むしろ手に触れてみたい物を1点だけ置くようになる。衣類やロボットや匂いのするものなど、画像では伝えにくい物を触らせて、無駄な在庫は持たずに「注文はネットで」と誘導する。
ショールーム効果の是非については、たまにamazonでも人気のない商品を店別に1点忍ばせとけば、売上上昇額でだいたい分かる。

いずれにしても、ネットのためのショップであり、見た目がTSUTAYAのようでも、狙いがまったく違う。
と、思うよ〜!
なるほどこれくらい人数いると面白いな。インターステラテクノロジーズも頑張ってこれくらいの街を北海道に作れるといいな
連載のタイミングが良く、アマゾンの株価は昨日750ドルを突破して史上最高値を更新。ベゾスはモノやサービス、データなどありとあらゆるレイヤーの流れを抑えようとしている。その取り組みの最前線について理解が深まる連載となる事を期待したい。
やはり7/12のプライムデーに合わせてきたんですね。
アメリカの場合、巨大企業がニューヨークやサンフランシスコに集中する事なく、分散しているので、2万人の雇用を生んでいる実感がすごくあるのでしょう。
雇用の源泉となる大学、倉庫、本社ビル、など、自社を中心としたエコシステムがこうやって出来上がる。
シアトルは私にとって特別の町。留学時代に2年強、住んでいたにすぎませんが強い影響を受けました。北欧を思わせる森と水の都市です。当時はアマゾンはもちろん、スタバもマイクロソフトもありませんでした。
ボーイング、ウェアハウザーといった重厚長大企業の城下町で、人心はカリフォルニアなどに比べるとおっとりしていました。
また、大ヒット映画のAn Officer and A Gentlemanの舞台になった海軍の町でもあります。
シアトルは日本で言えば長崎と共通点が多くあります。重厚長大企業、西の端、造船・海軍、漁業が盛ん、等々。
でも長崎は停滞し、シアトルがなぜこんなに発展したのか。
この謎を解くことで、日本全体の成長のカギを見つけることが出来ると思っています。
リアル書店が成功するか?個人的には、代官山蔦屋のようなアンテナショップ・フラグシップショップとしての機能はあると思うが、既存のビジネスを侵食するとは思っていない(既存のビジネスはむしろオンラインによってますます侵食されると思うが)。そもそもいまやオフラインの書店で買うのは、本屋の雰囲気が好きだからだったり、Amazonのレーティングなどとは違うオススメを見たいから。そこで機能が重複することにメリットを個人的には感じない。また、全体としてはオンラインで買う人が増えているからこそ、ビジネスとして成り立たせるためには商圏を広くして、店舗運営を賄える集客が必要。商圏が広い=遠いわけで、それでも来る動機付けとなる特徴が必要。それはオンラインだと得られないものなはずで、Amazonと重複するものではないと個人的には思う。
成長している企業、勢いがある企業が手がけるものはなんでも成功しそうという期待値・幻想はあるが、実際には失敗しているものは少なくない。AmazonのFire Phone含めて。
Amazon化は東南アジアにもやってくるのか。日本に短期間帰国するときに、すぐに届くAmazonプライムや楽天明日らく便は重宝しています。

クラウドなどの分野ではAmazonが来ていますが、Eコマースは先日アリババに買収されたラザダが強い。リアル店舗との連携は、このAmazon本屋ほどでないにしても、ローカルブランドとの連結で、「ラザダで売れてる」とか「ラザダで買うともっとお得」という表示のある店が出てきています。女性向けの洋服が多い印象。

デジタルガジェットもEコマースたけなわで、最近は、シンガポールのチャレンジャーがフラッグシップだったフーナンモールを閉店。オリジナル通販サイトのハチにシフトする様子がうかがえます。

また、グローサリーではシンガポールのレッドマートが急成長(毎週注文していますがかなり便利)。その他の国でもスーパーなどがEコマースを開始。

新興国で今後、Amazonのようなグローバル勢、巨大市場中国のノウハウを生かして外国展開をするアリババなどの中国勢、そしてローカル勢という三つ巴の争いが激しくなることが予想されます(日本勢は一般消費者向けではこれからは難しい。むしろ越境販売のルートを押さえた方がよいのでは。もう現地業者に握られ始めていますが・・・)。
Amazon・テスラ・Google・・アメリカのテック系企業は、都市設計に進出している。時には政府とタッグを組み、実験都市をつくる取り組みが素晴らしいです。

日本でもパナソニックのスマートシティがありますが、楽天やサイバーエージェントとも連携して魅力的なコンテンツとテクノロジーに溢れる都市をデザインできたら面白そうです!
お、深く読もう。 どこかでニーズあれば、解説会やりますね。
かなりの昔話ですが、アマゾンが生まれる前の90年代初頭にシアトルに住んでたことがあるんですが、当時はただの地方都市といったイメージ。記事にあるようにボーイングの街というイメージか、あとはリンゴくらいのイメージしか一般的になかったんじゃないかなと思います。NBAを見ている人が、辛うじてスーパーソニックスを想起するくらいで(当時はスラムダンク全盛期)、ほとんどの友人は誰も場所を知らず、いつもアメリカの一番左上と説明していたものです。今やアマゾン筆頭にスターバックスやマイクロソフトやコストコやREIやノードストロームなど色んな企業で知られるようになったけど。雨ばかり降るという暗いイメージの地方都市が、アマゾンの存在でイケてる未来都市に変身したのは、なんだか感慨深いです。
この連載について
時価総額35兆円をほこるIT企業の米アマゾンが、日本市場への投資を加速させている。オンラインショッピングの物流配送から動画や音楽などコンテンツ、そしてITインフラまで、生活の隅々を取り込む「アマゾン化する世界」を描くオリジナル連載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
61.1 兆円

業績

株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア