新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

198Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん、今日も海外を美化しすぎ。アメリカの学費は高いが、だからといって全員がそんなに頑張っているわけではない。また学費ローンが高すぎるという問題もあるし、日本でもある話だが大学にいけばその後の生活が良くなるというのは幻想なのにそれでも高い学費にも関わらず大学に行きすぎという話はある。
以下は自分の肌感覚。基礎能力として、日本の一定の進学校のほうが高い。基礎能力がないと、考えさせられる教育をされても、実際に解くという部分での力は弱い。また、日本のトップ大学に行った方と、アイビーリーグなど海外のトップ大学に行った方で、個人的には基礎能力の違いは感じなかった(一部の天才はむしろ大学関係なくいる)。大学までの教育で前述のようなメリットデメリットあるし、一定の大学までいく方は、基礎能力も考える力もどちらも一定ある。そのなかで、むしろ社会人になってから、自分で考えながら業務を進めるのか、またそれに伴うインセンティブがあるのかのほうが、個人的には長期での成長カーブへの影響が大きいと思う。だからこそ、昨日も書いたような就職後に早めに成果に基づいて機会や報酬に差を出していくことが重要だと思う。
https://newspicks.com/news/1657972?ref=user_100438
今は個人が会社に帰属する言わば名刺1枚の時代です。
しかし、これからは、個人が自分の才能を活かし、複数の組織やグループに属する(もしくは接していく)名刺複数枚の時代になっていいるかもしれません。
名刺を複数枚持つためには、自分を売り込んでいく必要があり、その備えとして、アイ・カンパニーの概念が生きてくると思います。
日本の大学、一刀両断ですね。世界ランキングが落ちたなんていう話より、牧野さんと小笹さんの指摘の方によほど危機感を抱きます。大学に勤める人間として耳が痛いですが、反論もありません。実際、就職活動で「大学4年間、必死に図書館に通って仲間と議論を繰り返していました」と自己PRする学生は少数派だと思います。

牧野さんは、ここまで厳しい指摘をされながら、同時に文部科学省の中央教育審議会の委員もされていて、日本の教育にもコミットしてくださっています。

道のりは厳しいですが、小笹さんや牧野さんが採用したいと思える人材が輩出できる大学教育をしていきたいですね。
職業を選択せずに就社するもんね、日本は。
こういう議論って、大学の教育が悪い!と投げっぱなしにされて、モヤっとすることも少なくないのですが、ここではきちんと、その原因の一つは学費が安いことであると、ロジカルにに説明がなされていて納得感があります。アメリカの奨学金周りの良いエコシステムの話も分かりやすいですね。
これってどこから変えていけばいいのでしょう。。。
若者じゃなくて、教育に携わっている者、そして我々大人に原因があると思います。トヨタが世界的な企業に成長した要因の1つとして、歴代の経営者のリーダーシップが優れていたことが海外で絶賛されてますが、日本人であれば自然に身につけている、清廉さ、謙虚さ、勤勉さです。日本人には世界で十分戦える資質があるのに、ほとんど生かされてません。

なんとかこの課題を解決したいです。
上司を顧客と考える、評価されないということは業績が悪化することなど今回も金言の数々が飛び出します。

受験の次は就活という理不尽な難関さえ突破すれば勝負は最後だと思っているーーこちらのご意見にも深くうなずきました。
日本語でお客さんと会話が成り立つだけで評価されてしまう環境に危機感を持たないと・・・
>今、日本人の新卒が強いのは、営業職やコンサル職など、顧客と会話が成り立つことを求められる職種だけですから。

今ある環境から発想すると小さなアウトプットしか出てこない。
グローバルに構想をして、所属する組織をテコに、大きなことを実現するマインドにしっかり切り替えていこうと思います。
採用面接をしていてベトナムの学生は二分されていると感じる。この記事の中で言う、詰め込み教育のみののほほんとした日本タイプと、ガッツリ議論に耐えられ意見もしっかりしている海外タイプ。当然ながら、後者を取るわけですが、そういった大半の学生は学費を自費で稼ぎ、大学時代から昼夜問わず働いている。その結果、日本で新卒がやるような仕事は大学在学中に全て経験済みで、4回生でフルタイムで働く学生は、感覚的には既に日本の社会人3年目といっても言い過ぎではないと感じる。語学も、在学中にベトナム語に加え、英語と日本語もしっかり話せるようになっている学生が多い。加えて、発展途上国さながらの家族のためにお金のために働く、という気持ちが強く、言い訳をせずに言われた事を忠実にやる。素晴らしい。
↓ 従業員という立場に固定されながらも、このような発想が自然とできるような人事的な仕掛けが必要なのだろう、と感じます。

「小笹:自分自身を一つの株式会社として捉える考え方です。経営者としてアイ・カンパニー(自分株式会社)を優良企業や人気企業に育む。会社に依存することなく、自立的に自らのキャリアを形成していく考え方です。」

「牧野:会社との関係性も、イチ・ビジネスパーソンではなく、会社と契約した一人の個人事業主として考える。…。上司が顧客だったとすれば、こんなことをしていたら評価されず、評価されないということは、個人事業でいうなら業績が悪化するということであり、致命的なんですよ。」
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
株式会社ワークスアプリケーションズ(英語: Works Applications Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く、大手企業向けERPパッケージソフトメーカー。大手企業向けERPパッケージソフト(ビジネスアプリケーション)として人工知能型「HUE(海外名称:AI WORKS)」および「COMPANY」の開発・販売・コンサルティングサポートを行う。 ウィキペディア

業績