新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
侍06&07は、トヨタによる買収が取り沙汰される東大発ロボットベンチャー「SCHAFT(シャフト)」の共同創業者、中西雄飛氏と浦田順一氏の2人。

グーグルに買収されて以降、取材に応じることを許されてこなかった2人の横顔と、トヨタが目をつけた背景に迫ります。
動画と合わせてみたい!新しいロボットの足の動き方がとても面白い。接合部分をレールみたいにして、そのレールというか車輪を回転させる胴体についているモーター側が自由に動く。それで柔らかい股関節のような動きが見えたり、状況に応じて胴体部分を上にするのか下にするのかで重心を変えられて、安定をより重視するかといったモードを変更できるのだと思う。素人目に見ても、ここの足部分の開発はとても難しかったと思うが、できたのであればとても安定してそうで合理的。まるで力士の腰の位置が、ぶつかっても動かないのをどうやったら実装できるかというのにイメージが重なる。
ところで、GoogleはなぜBoston DynamicsだけでなくSCHAFTも売る気になっている(トヨタが買いたいだけで、売る気にはなっていない?よく分からないが…)のだろうか?こういったハード技術とか、ものすごく今後重要に見えるのだが。
こうした、トヨタにとっての「全方向」対応の投資・研究、是非とも「号口 (トヨタグループ用語での量産)」に結びついて欲しい。
立ち乗りロボット「ウイングレット」のような、事実上の塩漬け、にならないことを祈る。
ロボットベンチャーを買収し続けるアメリカ企業にはないモノづくりの強さを持つトヨタが、こうした世界的ベンチャーを買収して、どう本業とのシナジーを働かせるのか、非常に興味がありますね。

ロボットが活躍する工場やその敷地内ではロボットとの組合せで自動運転車が活躍する未来がいち早く描けるかもしれない、そうすれば新しい車としての活路がいち早く描けるのがトヨタのポジション。

TRIの設立によって、一気にトヨタの面白い未来が見れそうですね。
「日本の宝」になったのはGoogleが買収したからですよね。
それまでは資金調達も支援もままならない状態だった。
日本の技術というより、SCHAFTの技術。資金面ではGoogleの果たした役割は大きい。
日本の技術と認識していなかったのに、「買い戻す」という表現は違和感があります。
>ソフトは研究室で共有にし、研究者にはどちらかというとハードウェアの開発に専念してもらう方針を持つ

これ、おもしろいですね。ロボットというともうソフトウェアばかりがメインかとおもっていましたが。

ロボットもあとはバッテリーですね
地道な自社の技術蓄積と買収という力ずくの両面展開のトヨタ。ロボット分野では前者の方式(ホンダ方式)を期待していたのだが...。
しっかり研究が続けられる環境が得られるといいですね。
"日本の宝"。。。とても違和感がありますね。
この連載について
日本の産業界の頂点に立つトヨタが「純血主義」を放棄した。そして今、手を組んだ人材とは、一体どういう人たちなのかーー。その人物像をインタビューや取材によって浮き彫りにした上で、その裏に透ける、トヨタの描く未来像までを描くオリジナル連載。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア