牧野正幸×小笹芳央、新卒一括採用のメリット・デメリット

2016/7/11
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。彼らは今、何に着目し、何に挑もうとしているのか。連載「イノベーターズ・トーク」では、イノベーターが時代を切り取るテーマについてトークを展開する。
「イノベーターズ・トーク」第34回は、ワークスアプリケーションズCEOの牧野正幸氏とリンクアンドモチベーション会長の小笹芳央氏が登場する。
テーマは、ずばり「新卒論」だ。
牧野氏といえば、ワークスアプリケーションズの名を一躍有名にしたインターンシップの発案者だ。成績上位者には卒業後3年間はいつでも入社できる「入社パス」が与えられるインターンは人気で、今では、世界中から毎年約8万名が応募する。
2016年3月に掲載した「 東大・早慶の就活」特集のインタビューでは、学生に「自分の成長にとって都合の良い会社」を選べとアドバイス。
「だって、20代のときに成長できずに30代になって、そのまま40代に突入したら、もう“即死”だよね」と発破をかけ、大きな共感を呼んだ。
一方、小笹芳央氏はリクルートの採用担当者として、人気企業に導いた立役者の一人だ。リンクアンドモチベーションを設立した翌年には新卒採用活動を始め、同社は今では東大生がよく行くベンチャーとして名を馳せる。
同じ特集内での インタビューでは、「偏差値が高い大学は総じて優秀な学生がいる確率が高い」と言い切り、その歯に衣着せぬ発言が支持される一方で、今後の新卒採用は「内定を5社も10社ももらう学生がいる一方で、1社も獲得できない学生が出てくる。つまり、企業と学生、双方の二極化が進む」と断言し、波紋を呼んだ。
そんな、「新卒」に一家言をもつ2人が、新卒一括採用の是非、はたまた中途採用論について、さらには日本人の国際競争力について激論を繰り広げる。
これまで数多の学生と接触してきた小笹氏に言わせると、「いい人材は『誰が見ても良い』」
よって、企業の人事は、「どうやって優秀な人材を見極めるかより、どうやって口説くかを考えるべき」だと言う。
これを受け牧野氏は、「『誰が見てもいい人』の競争倍率は高い。ですから、我々は、特殊な優秀層にインターンシップを受けてもらい、その人の才能を引き出して、以降の就活に活かしてくださいというやり方でアプローチすることに特化した」と言う。
ワークスアプリケーションズのインターンのコストは、「実はまったく元が取れない」
1人採用するのに、1000万円以上かかってしまうからだ。
では、牧野氏と小笹氏が、手間とコストをかけてでも欲しい人材像とは? 
また、なぜ中途採用ではなく新卒採用に注力するのか? 
その理由について、牧野氏は「日本は中途採用の市場が全然ダメだから」と断言。小笹氏も、「30歳前後で紹介会社に行って『年収500万円ください』なんて言っている人材で、当たったためしがない」と強調する。
なぜ、日本は中途採用市場が成熟していないのだろうか。2人の本音トークが炸裂する。