新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

86Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらず面白い対談。やはり孫さんは秀吉ですね。
今回のポイントは、
「人生にチャンスは幾度もあるわけではない」
「物事を構造的に捉える」
「固定観念を取り払う」
といったところでしょうか。

難しいのは「物事を構造的に捉える」ですね。
補足すると、今と違って戦国時代は情報が断片的に入ってきて、それが正しいかどうか分からないわけです。
それでも、いくつもの情報を真説(間違いない情報)、正説(確度の高い情報)、惑説(敵が流している偽の情報)、雑説(単なる噂話)などに分類して吟味すると、全体像が見えてくるのです。
それによって軍事行動を起こすから、見込み違いが起きにくい。
後北条氏は四代氏政の頃になると、ひじょうに保守的になっていくのですが、書状で「それは本当なのか」的な情報の確認が極めて増えていきます。
おそらくそれらの情報を吟味して、物事を構造的に捉え、行動に移していたのでしょうね。
利根川の治水によって家康のユニバーサルへ転換した話が面白いですね。武田や真田の様に信州の枠でとどまる人と、家康のように常に成長をし続ける人、前者の様な職人気質よりも、後者の自己の中で想像的破壊をして大きな成長を果たしていくそんな人を目指していきたいです。
宮澤さんがリアル家康になったら凄いことになりますね笑
小澤さんの高杉晋作は中身はともかく、外から見ると本当にそう見えます。何かやってくれそうな雰囲気ありますよね。
そう考えると黒田官兵衛役はだれなんだろう。ひょっとして川邊さん自身かもしれないです。
高杉晋作!彼の辞世の言葉は「面白きこともなき世を面白く」だった。おざーんさんはまさにそんな感じなのかな。自分もモットーは”Life is the joke”だったり。日々ネタを探しておりますpkr
この連載おもしろいな。
「小さな組織から大きな組織に変わるとき、いかにユニバーサルに考えられるか、いかに世界観を広げられるか。それがまったく違う。」
これはM&Aによる組織・人資源拡張成長の最大の肝ではないか。
この連載について
ビジネスを成功させる上で欠かせないリーダーシップは歴史から学ぶことができる。企業を牽引するリーダー達が、学んだ歴史を実際にどのように活かしているのかを探ってゆく。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.85 兆円

業績