新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つい先日、筆者はLG化学の関係者から、インタビューを受けた。同社が技術者や投資家向けに発行している雑誌とウェブマガジンへの対応だ。
2年前に発刊した、筆者執筆の書籍「アップル、グーグルが自動車産業を乗っとる日」で、ハングル語版があり、それを読み込んだ、ということで、今回の話が来た。
新規のEVビジネスに関する「考え方の系統づけ」を「社内で詰めている」といった印象だった。
筆者のような、外部の人間のコメントで、そうした考えの外堀を埋めて、社内でのEV事業に対する稟議を通りやすくしようとしているのだろう。
また、当然、ライバル、パナの動向も調査するため、今回の彼らの日本での滞在が長かったと推測される。
LG ChemはBWM向けへの供給が多かったと思う。あとは元々BoschはSamsung SDIと提携してやっていたはず。パナにとってはTeslaのModel 3の生産計画が強気なものの、本当に立ち上がるのかというところはある。そのなかで、供給先が増えることとなれば顧客分散という観点でポジティブだろう。
VWが2025年までに200万ー300万台のEV向け電池の生産方法について検討しているとの事。パナソニックはテスラと共同でネバタ州に総投資額最大50億ドル(このうちパナソニックは16億ドルを投資)で大型の電池工場の建設も進めている。
ーーー
テスラ電池工場の投資前倒し、要請あれば最大限対応=パナソニック
https://newspicks.com/news/1564046
排ガス規制が厳しくなるので、ディーゼルは浄化装置に高コストとなる。Cセグメント中心のVWにとってはガソリン車PHEVとEVに特化せざるを得ない状況なので、バッテリーの投資が活発化。現行リチウムからリチウムサルファ、2025年までに空気バッテリーも実用化を視野に入れる。さらにワイアレス充電も不可欠。48V補助電源化も急速に進みそうだ。
パナソニックも昨日、2018年度に車載電池・蓄電事業の売上2.5倍の5000億円へ前倒しで増産することを発表している。この辺り、交渉をしていればテスラだけではないからという可能性もある。

パナソニック、18年度に車載電池・蓄電事業の売上2.5倍の5000億円へ(ロイター)
https://newspicks.com/news/1654481
VWもカリフォルニアZEV規制対応を真剣に始めたということでしょうかね。。。MQB(モジュール化戦略)だけでは対応できないわけですが、遅すぎるような気がします。
2014クレジットでは、VWは買い手側です。トヨタが差引で買い手になったショック記事が過去ありましたが、、、
http://www.arb.ca.gov/msprog/zevprog/zevcredits/2014zevcredits.htm
「提携」ではなく「(長期)売買」の関係ではだめなのだろうか?
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績

業績

フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績