新着Pick
493Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
勉強になる。こういうのは不慣れなのでコメントとともに学ばせていただいてます。
人気 Picker
本記事はとても良い記事ですし、憲法改正のプロセスがそう簡単ではないことも事実です。しかし、一方で、国民投票法はあくまで法律なので、国会で改正することが可能です。今回の参院選の結果、自民党が衆参ともに単独過半数を握ると、公明の賛成なくとも、国民投票法を改正できるようになることには留意が必要ですね。
記事にあるように、改憲には国民投票が必要です。
議席数で「改憲される」と勘違いしている人がもしかしたらいるかもしれません。
メディアも正確に伝えていないような節があります。

まあ、死ぬまで一度くらい憲法改正国民投票に参加してみたい気もしますが・・・あくまで個人的嗜好です。
山田プロの意見に同意。
あくまでも改憲は国民投票によるものですが、国民投票法はいくらでも改正できるし、なにより安倍政権による狡猾なメデイアコントロール下での国民投票ほど怖いものはありません。
憲法改正のプロセスをきちんと解説したいい記事ですね。
憲法を無理やり今回の選挙の争点にしたい人たちの中には、自民党が勝つと明日にでも憲法が改正され、しかもなぜかそれが戦争に結びつくように喧伝する人がいますが、現実はそんなに簡単ではないということです。

そもそも憲法改正は今に始まった議論ではなく、自主憲法制定を綱領とする自由民主党が結党されたのは1955年。
以来60年以上経つのに未だに実現していません。

本当の問題は、数十年掛かっても法律一つ改正できない、この国の政治の歩みの遅さにこそあるような気がします。
むっちゃ良記事。
最後の「1つの視点」こそ、最大のポイントかと。憲法改正において党議拘束は課すべきでないというもの。党議拘束を外せば、与野党で「3分の2」の不毛な争いがなくなり、議員一人ひとりの見解で改憲派と護憲派に分かれる。党議拘束で決めていいものではないはずで、自民党の河野太郎氏もおっしゃるように、さすがに憲法改正発議においては党議拘束を外すべきではないでしょうか。
米国憲法は「We the people of the United States」から始まります。現在の自民党の改憲案は、国民が主語になっていない感じがします。

私は改憲派です。70年の時間を経て世界の情勢が変わった中、憲法の普遍性と進化は議論すべき。でも、現在の自民党改憲案はいただけないですね。

例えば、第二十一条では、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」としています。ただ、このように続きます。

「2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。」

これは反社とかテロとかそのような事態を想定しているのでしょう。ただ、表現の自由を「認められない」とは、誰が決めるのでしょうか。主語がありませんが、この文脈ではどうやら「国民」ではないようです。危険な文言だと思いませんか?
今、改憲プロセスを知りたい方はぜひ。三分の二という言葉のマジックに踊らされず、何を見るべきかがわかる良記事。
選挙の結果を経て、危惧するのは、すぐに改憲になるとか、そういったことではなく与党内の多様性が失われることだ。空気が変わることだ。
改憲プロセスの要点に加えて、視点も勉強になります。
政党の党議拘束を前提とした数の議論(=2/3をとるか否か)より、質の議論を優先させるべきでは、という話。
憲法改正は一つ注目される点ではあるが、そこのプロセスについて書かれており勉強になる。そんなに簡単なものではないという認識。
イギリスのような結果にしたくないと思うのであれば、まず仕組みをしっかり理解しよう。良記事